デジタル一眼レフ 2004夏 (2004)という書籍が発売されていました。

夏のボーナスでデジタル一眼レフカメラを! と思っている人も多いだろう。6月発売の「デジタル一眼レフ 2004夏」では、デジタル一眼レフを買うときに気になるポイントを、特集「ズバリ!わかる買い方・選び方Q&A50」で掲載した。

digital_ichigan_2004_natsu.gif

夏のボーナスでデジタル一眼レフカメラを購入しようと検討している人も多いと思いますが、このムックはなかなかお役立ちになるのではないでしょうか。

注目は、カメラの液晶モニターの色再現性テスト。比較したのは、オリンパス「E-1」、キヤノン「EOS Kiss Digital」「EOS 10D」、ニコン「D70」「D100」、ペンタックス「*ist D」の6機種だ。マクベスカラーチャートを撮影した実写画像と、液晶モニターに表示される画像を各機種ごとに比べた。

こうした比較はおいそれとはできませんからね。

例えば、E-1は実画像に比べて液晶モニターでは少し明るく表示される。彩度は全体的に高めで色が薄くなるが、実画像との差は少ない。最も実画像との明るさの差が少なかったのは、EOS Kiss Digitalだった。D70やD100は色が薄く再現される傾向にある。

なるほど。

ということで、詳しい目次などはデジタル一眼レフ 2004夏 (2004)のページも併せてどうぞ。

今、デジタル一眼レフが熱い! 主要6機種のうち、ボーナスで狙うべきなのはどれか。ホワイトバランスの傾向は? 白トビ・黒ツブレの度合いは? 液晶画面の色再現力は? 交換mmを買うポイントは?――総力特集では、買うとき、撮るとき、に気になるポイントをQ&A形式で解説します。撮影テストは、読者が実際に撮る場面を想定して行いました。