デジタルARENAが実施した「デジカメ大賞2004」の結果発表が行われています。一般投票で行われています。

一番投票の多かった機種に対しては「デジカメ大賞」を、またデジカメのジャンル別に「ハイエンド部門」「コンパクト部門」「高倍率ズーム部門」の3部門を設け、それぞれのジャンルで一番投票の多かった機種を「部門賞」としました。

投票者のデジカメ使用歴を見ると、3年以上が53%で、中級者〜上級者の支持を集めたデジカメが1位になっていそうです。また、これまでに所有したことがあるデジカメが2台29%、3台14%だそうです。残念ながら、ぼくが愛するLUMIX DMC-FZ1/FZ2はノミネートされていませんが、果たして結果は??

大賞は「EOS Kiss Digital」だったそうです! 納得。そして2位はニコン「D70」。こちらも納得。ここ半年くらいのトレンドが反映されています。そして3位は「IXY DIGITAL 500」でした。4位は「Cyber-shot DSC-T1」で、5位は僅差で「LUMIX DMC-FZ10」です。FZ10は玄人好みするデジカメだと思うのですが、5位に入っていて嬉しいですね。実力を認められた、というところでしょうか。以下順位はこのページで確認してください。

個人的に気になる「高倍率ズーム部門」ですが、1位は「LUMIX DMC-FZ10」、2位「CAMEDIA C-770 Ultra Zoom」、3位「PowerShot S1 IS」でした。

また、各部門賞の開発者インタビューもあるので、こちらも必読です。

■デジカメ比較・価格比較

楽天デジカメ市場(比較検索が便利)
Amazonでデジカメ比較