110gでコスメデザイン、いつも一緒に持ち歩けるデジカメが実売約2万円でだそうです。

日立リビングサプライは、本体110gと軽量で化粧品を想起させるコスメティックデザインを施したデジタルカメラ「HDC-401」を発表した。「HDC-401」は、同社のデジタルカメラ「i.mega」シリーズの最新製品となり、21日から発売される。価格はオープンプライスで市場想定価格は約20,000円。

主なターゲットは女性ということで、シルバーと赤のカラーバリエーションが用意されるそうです。それにしても110gは軽いですね。

「mmカバー部にはミラーを備え、55cmからの近距離撮影モードを活かしたセルフ撮影を可能としている」というあたりも、女性向けか。それでいて400万画素は大したものです。

■デジカメ比較・価格比較

楽天デジカメ市場(比較検索が便利)
Amazonでデジカメ比較

■関連記事

“コスメティック”なデザイン――安価コンパクトな400万画素デジカメ

搭載mmは、焦点距離37ミリ、開放F値F3.5の単焦点mm。PCとのインタフェースはUSB1.1で、バッテリーには単3型乾電池(アルカリ乾電池、ニッケル水素充電池など)を2本を使用する。同製品用ドライバの対応OSは、Windows XP/2000/Me/98。

日立リビング、普及価格帯の400万画素デジカメ

普及価格帯の400万画素デジカメという位置づけで、SDメモリーカードスロット、テレビ出力などの基本機能を押さえながら低価格化を図った。