180種類のデジカメで使える大容量バッテリーがありました。

日本トラストテクノロジーは、デジタルカメラ用の大容量外付けバッテリー「MyBattery PRO」を4月7日に発売する。オープン価格で、実売予想価格は7980円前後(税別)。

利用できるデジカメが180種類というのは凄いですね。外付けということなんですが、どのように利用するのでしょうか。

サイズは27(奥行き)×85(高さ)×77(幅)ミリで、重さは230グラム。PDAやポータブルCDプレーヤーで利用できるようにする切り替えコネクタや、シガーソケット用ケーブルなどが付属する。

プレスリリースによれば、単三ニッケル水素電池の10〜16本分のスタミナだそうです。これだと分かりにくいと思いますので、製品詳細ページによると、

一般的なデジタルカメラでは3.7V / 1300mAh (4.81Wh) 程度の専用バッテリ、あるいは2〜4本の単三乾電池を用います。My Battery PROは7.2V / 4400mAh (31.4Wh)という大容量の外付けバッテリですから電池交換をすることなく一日中写真を撮り続けることができます。そのスタミナは現在最大容量2300mAhのニッケル水素電池10本以上になります。

という説明がなされています。対応するデジカメはココで見られるのですが、FZ-1も対応してるじゃないですか!

もともと、FZ-1はバッテリーの持ちがよく、1日150枚は軽く撮れ、プレビューしたりとか削除したりとかできるのですが、それがどのくらいの容量かと調べてみたら、7.2V,680mAhでした。1週間くらいは充電しなくても撮りまくれるかもしれませんね。そう考えると凄い製品です。アウトドアとか、おいそれと充電できないような場所に行く時には良いかもしれません。

詳細ページを見たところ、コネクタで接続して、バッテリー本体はベルトなどにつけて利用するようです。悪くないといえば悪くないし、かといって積極的につけたいかと言えばまた微妙な感じも。でも、価格的にも8,000円弱だし、これは凄い製品だと思います。

▼楽天で価格を調べる( a , b , c

■関連記事

キスデジでもコンパクトデジカメでも使える大容量バッテリー――My Battery Pro

日本トラストテクノロジーの「My Battery Pro」は、4400mAhという大容量の外部バッテリーだ。コンパクトデジカメで利用できる製品だが、新たに「DC Coupler Type C」が登場し、EOS Kiss Digitalにも対応した。その実力を計ってみたい。

EOS Kiss Digitalでも外部電源「MyBattery PRO」が使用可能に——JTT

今回発売の接続キットDC Coupler Type Cを利用することで、これまで未対応であった、キヤノン製デジタルカメラ/ビデオカメラでもMyBattery PROが使用できるようになる。