オリンパス、有効800万画素の光学5倍ズームデジカメです。

オリンパスは2004年2月16日、コンパクトデジタルカメラ「CAMEDIA」シリーズの最上位機種として、光学5倍ズームmmと有効800万画素CCDを搭載した新モデル「CAMEDIA C-8080 Wide Zoom」を発表した。

オリンパスからも800万画素モデルが登場。高倍率ズームとまではいきませんが、5倍ズームを搭載です。予想実売価格は13万程度とのこと。

新開発の画像処理エンジン「TruePic TURBO」で、ノイズを軽減し、処理速度を高速化した。起動時間は0.7秒。撮影モードは、プログラムオート、シャッター優先、絞り優先、マニュアル露出を搭載し、最大8分間のバルブ撮影にも対応する。

起動時間は速いです。

■デジカメ比較・価格比較

楽天デジカメ市場(比較検索が便利)
Amazonでデジカメ比較

■関連記事

大型mm搭載の重量級800万画素モデル「C-8080 WideZoom」

このC-8080、同社のラインアップの中では「C-5060Wide Zoom」の画素数アップモデルという位置付けなのだろうが、そのデザインを見ると、むしろ同社のデジタル一眼レフ「E-1」のmm一体型モデルという印象を強く受ける。

「CAMEDIA C-8080/770/760」用防水プロテクターと「蔵衛門マリン3」 オリンパス

オリンパスは、同社製デジタルカメラ向け防水プロテクターを4月に発売する。「CAMEDIA C-8080 Wide Zoom」用の「PT-023」は3万1000円、「CAMEDIA C-770」「同C-760」用の「PT-022」は2万5000円。

オリンパス、8メガ/5倍ズームのコンパクト最上位機「C-8080」

35ミリ判換算で28〜140ミリ相当の光学5倍ズームmmを搭載。EDmm3枚を含む13群15枚(非球面2枚)の多枚mm構成で、開放絞り値はF2.4-F3.5と明るいmmに仕上げている。28ミリからの光学5倍ズームは、他社8メガ機がいずれも7〜8倍ズームを搭載しているのと比較するとスペック面ではやや劣るが、その分ボディは124(幅)×84.5(高さ)×99(奥行き)ミリとコンパクトサイズになっている。重さは660グラム(本体のみ)。

オリンパス、8メガ・5倍ズーム・TruePic TURBO搭載のC-8080など発表

C-8080では0.7秒の高速起動、55msのレリーズタイムラグ、約0.3秒のシャッタータイムラグなど、高画質に加えて高速なレスポンスも実現している。