コニカミノルタ、8メガ・7倍ズームの「DiMAGE A2」などを発表です。

DiMAGE A2は、有効画素数800万画素の2/3型CCD、光学7倍ズームGTmmを採用したハイエンドデジタルカメラで、独自のCCDシフト方式手ぶれ補正機能「Anti-Shake」を搭載する。

手ぶれ補正が搭載されてきましたね。高倍率のデジカメの場合、必須だと思います。普通にコンパクトデジカメでもあると便利だと思います。注目すべきは、やはり800万画素という部分でしょうか。

■デジカメ比較・価格比較

楽天デジカメ市場(比較検索が便利)
Amazonでデジカメ比較

■関連記事

一眼レフにはない多機能を詰め込んだ800万画素デジカメ――コニカミノルタ DiMAGE A2

AFで注目すべきはフルタイムAF機能だ。グリップ部を見てもらうとわかるが、ここに金属製のセンサーが付いており、手でグリップを握るとセンサーがそれを検知してフルタイムAFが働き始める仕様だ。

光学手ぶれ補正機能を搭載した800万画素機「DiMAGE A2」

本機の魅力は、何といってもそのコンパクトなボディと、マニュアル操作で画角が決められるズームリングを採用した光学7倍ズームmmにある。ズームの駆動にモーターを使用しないため、小刻みに画角を調整できることから、電動ズーム搭載機と比べて正確なフレーミングがより快適に行える。

コニカミノルタ、800万画素モデルなど「DiMAGE」シリーズを一新

光学7倍ズームmm(35mmフィルム換算28-200mm相当)や、独自のCCDシフト方式手ぶれ補正機能「Anti-Shake」などを継承しながら、撮像素子を有効800万画素原色フィルター付きCCDにして高画質化した。

8M/ハイエンド機「A2」や4M/10倍ズーム「Z2」など——DiMAGE新製品4機種

mm一体型一眼レフタイプは、EVFの見やすさが快適な撮影につながる。A2は、世界で初めて92.2万画素の高精細TFT液晶採用「Super Fine EVF」を搭載。