初心者にも使いやすい320万画素3倍ズーム機——ニコン COOLPIX 3200

右手側のグリップ部分には電池ケースが入っており、やや厚みがあるが、その分ホールドしやすい。ボディサイズは88(幅)×65(高さ)×38(奥行き)ミリで、カシオ計算機の「EXILIM ZOOM EX-Z4」やペンタックスの「Optio S4」などの薄型コンパクトデジカメに比べれば一回り大きいが、コートのポケットにも楽に入るサイズであり、携帯性は良好だ。
源は、単3形アルカリ乾電池(単3形のニッケルマンガン電池やニッケル乾電池、リチウム電池も利用可能)×2本か、オプションのニッケル水素充電池「EN-MH1-B2」、CR-V3リチウム電池を利用する。アルカリ乾電池利用時は約140コマ、ニッケル水素充電池(EN-MH1-B2)利用時は約320コマ、CR-V3利用時は約550コマの連続撮影が可能だ。入手しやすい単3形アルカリ乾電池を利用できるのは、何かと心強い。

単三電池が使えるというのは、確かに心強いです。

電源を入れてから撮影が可能になるまでの起動時間は実測で2秒強(オープニング画面と起動音をオフにした場合)と、かなり高速だ。

■デジカメ比較・価格比較

楽天デジカメ市場(比較検索が便利)
Amazonでデジカメ比較