コニカミノルタ、デジタル一眼レフ「α-7 Digital」を開発です。

 α-7 Digitalは、ミノルタAマウントを継承し、従来からのミノルタαシリーズ用交換mmを装着できること、すべてのαmmで効果が得られるボディ内手ぶれ補正機能を搭載する点が特徴。

高倍率ズームデジカメもホットになりそうですが、一眼レフデジカメは今年、間違いなく熱くなる分野でしょう。キヤノン、ニコンに続き、コニカミノルタも参入します。このクラスで手ぶれ補正がついてくるのは凄い。ボディは重くなるでしょうから、女性や手が小さい人には嬉しい機能だと思います。いくらで出てくるんでしょうか? こうなると、そろそろEOS Kiss Digitalの後継機も気になります。

■デジカメ比較・価格比較

楽天デジカメ市場(比較検索が便利)
Amazonでデジカメ比較

■関連記事

コニカミノルタ、「α-7 DIGITAL」の発売日を11月19日に決定

α-7 DIGITALは、同社初のmm交換式一眼レフカメラ。銀塩一眼レフカメラ「α-7」をベースに、APS-Cサイズの有効610万画素CCDや、手ブレ補正機構「Anti-Shake」などを搭載、すべてのαmmで手ブレ補正を利用できる。店頭予想価格は20万円弱の見込み。

コニカミノルタ、手ブレ補正搭載DSLR「α-7 Digital」開発

まだ価格は未定とのことだが、使いやすいダイヤル式のユーザーインターフェイスを備えるα-7 Digitalは、登場を待ちこがれたミノルタファンだけでなく、このクラスの製品に注目するハイアマチュア層に広くアピールしそうだ。