キヤノン、820万画素で8.5枚/秒のプロ用デジタル一眼レフを発表しました。

EOS-1D Mark IIは、「EOS-1D」の後継機で、CMOSセンサーのイメージサイズは同一ながら、従来の有効415万画素から約2倍の画素数を実現した。

価格は55万円前後だそうです。「報道・スポーツ・ポートレート・スタジオ撮影といったプロユーザーの使用を想定して開発された」製品とのこと。

■関連記事

キヤノン「EOS-1D Mark II」発表 820万画素、秒間8.5コマ連写

8.5コマ/秒の連写が可能。デジタル一眼レフカメラの連写機能としては世界最速だという。

DIGIC II・8.5コマ/秒連写のプロ向けデジタル一眼レフ「EOS-1D Mark II」

操作性はEOS-1D/1Dsを継承しているが、ユーザーの要望に対応した改良も加えられた。また、CFカードとSDメモリーカードの2スロットを搭載。

楽天デジカメ市場(比較が便利)
Amazonでデジカメ比較