EOS Kiss Digitalから見えてくる、写真の「女高男低」というコラム。

男子学生にこのカメラを触らせると、ほとんどが「なんか、軽くて華奢な感じですねー」などと、手触りや軽さからくる「機械として、道具としての頼りなさ」を指摘する。対して女子学生は「簡単そう♪」とか「可愛い♪」といった感想が多く、印象はおおむねね良好だ。

あくまでも一般論という前置きで。

男性‥‥金属質のボディと手に持ったときの重量感を好む
女性‥‥軽い方が好まれる

男性‥‥(クルマが)必要がなくても所有してドライブするだけの人や、わざわざ面倒なマニュアルシフト車や、パワステのない重いハンドルの車を選ぶ人が少なくない
女性‥‥(クルマは)買い物や家族の送り迎えなど必要に迫られて運転する人が多い

ということで、男性は手段を目的化しやすいというお話でした。なんとなく納得。女性の方が合理的、ということなんでしょうかね。

この方が教えている男子学生は「やっぱりニコンのD1がいい」とか「EOSなら1Dsか10Dでしょ」という感じらしいです。女子学生は「欲しいなー」と。それで「女高男低」という訳。

■関連記事

EOS Kiss Digital

実売価格12万円の一眼レフデジカメ「EOS Kiss Digital」がキヤノンから発表されました。これまでの一眼レフデジカメはどんなに安くても20万円はしていましたから、この製品で普及期に入るのは間違いないと思います。