光学式手ぶれ補正を搭載したコンパクト機「DMC-FX5」

松下電器産業から発売された「DMC-FX5」は、高級感のある横長ボディに有効400万画素のCCDを搭載したコンパクトデジカメだ。最大の特徴は、光学3倍ズームmmを搭載したコンパクトモデルとして、初めて光学式手ぶれ補正機能を採用したことにある。

FZ1を使用していますが、手ぶれ補正機能はいいですよ。カメラに慣れていない人やデジカメ初心者にお薦めしたい機能の一つです。パソコンにデータを移した後で確認して、せっかくの画像が手ぶれだったら‥‥がっくりですよね。「カメラの性能がいくら進化しても、手ぶれに関してはシャッターを押す人の技術に任されていたのだ」ということで、この部分を補完してくれますので、これまで以上に気軽にシャッターを切れるようになるのではないかと思います。

400万画素で実売価格は55,000円前後です。

ほかにも注目したいポイントは多数ある。まず、搭載されたmmがライカDCバリオ・エルマリートだということ。このmmがライカ製のmmなのか、ライカの名前だけを使った松下のmmなのかという議論をよく聞くが、ライカとの協業により松下が設計開発したmmというのが正解。松下の光学技術を駆使して、ライカのmm基準やリクエストを反映しながら完成させたmmなのだ。このため、逆光時の描写性能や周辺部分の歪みなどに関しては、十分満足できる仕上がりとなっている。

メニュー表示が初心者向けとなるフルオート撮影専門の「かんたんモード」はFZ1にもついていますが、これも良いです。

楽天デジカメ市場(比較検索が便利)
Amazonでデジカメ比較

■関連記事

“手ブレ補正”がコンパクト機の標準仕様です――松下「DMC-FX5」

このようにデジカメのコンパクト機は、銀塩のそれ以上に手ブレにはシビアにならなくてはいけない。にもかかわらず、初心者ユーザーのほとんどがコンパクト機を手にする。このジレンマに対する松下の解答がFX5なのだ。

デジカメの手ぶれ補正機能とは?

デジカメの場合、「ファインダーでなく液晶画面越しに撮影することが多いため、手ぶれはフィルムカメラより起こりやすい」(デジカメメーカー各社)との意見もあります。この撮影者の手の揺れが原因で発生する「光軸のずれ」を補正するのが、手ぶれ補正機能です。