Leica、銀塩風デジカメ「DIGILUX 2」というニュース。

leica_digilux2.jpg

銀塩の距離計連動カメラ風のデザインが施されたデジタルカメラ。製品情報では「“アナログ”デジタルカメラ」と紹介されている。操作系も銀塩カメラ風で、ズーム/ピント/絞りはmm胴鏡部のリングで、シャッタースピードはボディ上面のダイヤルで操作する。

ドイツのLeica Cameraが、銀塩カメラ風のデジタルカメラ「DIGILUX 2」を2004年2月に発売することを発表しました。松下が2004年春に販売を予定しているフルマニュアル「Lumix」のLeica版ではないか、とのことです。500万画素で価格は未定とのこと。

Leicaから「M型」ライクな500万画素デジカメ

サイズは135(幅)×82(高さ)×103(奥行き)ミリ、重さは約705グラム。

うーん、なんと言って良いか悩みますね。ライカ風はどこまでいっても“ライカ風”を超えられないんじゃないか、なんていう冷めた見方もできますし、マニュアルになっていることで、もしかしたら面白い写真が撮れるんじゃないかという思いもありますし。フルマニュアルのLeicaのデジカメが出たら欲しいなぁ、と思っていたんですが、この古さと新しさが同居している感じは非常に微妙ですね。

楽天デジカメ市場(比較が便利)
Amazonでデジカメ比較