「PENTAX *ist D」の実写レポートです。実売価格が185,000円ということで、一眼レフタイプのデジカメ購入を検討している人は、「EOS Kiss Dgital」あたりと悩んでいる人もいるのではないでしょうか。

画像でわかる!「PENTAX *ist D」実写リポート

*ist Dを全体的に見ると、マニュアルでできる操作が豊富なことが挙げられる。EOS Kiss Digitalがどちらかというと、簡単によい画質が撮れることを売り物にするのに対し、こちらは機能を駆使して様々な作例を撮れる自由度を備えたカメラといえそうだ。

▼楽天で価格比較(a , b , c , d , e , f

▼Amazonで価格比較( a )

■関連記事

「PENTAX *ist D」の操作機能を拡充させるソフトを無償公開

ペンタックスは、デジタル一眼レフカメラ「PENTAX *ist D」専用コントロールソフト「PENTAX REMOTE Assistant」(Windows版)を発表した。3月18日よりユーザーは無料でダウンロードできる。Macintosh版は4月中旬以降に公開される。

ペンタックスが「*ist D」でついにデジ一眼に参入。その実力のほどは?

スイッチを入れた後の起動時間はすこぶる速い。すぐさまシューティングワークに入れる。ニコン「D100」と互角ではないだろうか。

小型軽量の610万画素デジタル一眼レフカメラ「*ist D」

ボタン式に比べて視認性や操作性が高く、初心者でも間違いなく設定できるのが利点である。ホワイトバランスや撮影感度が気軽に変えられるのは、デジタルカメラの大きなメリットの1つであり、撮影途中でもこれらを頻繁に変えることが多いだけに重宝しそうだ。