2013 10 17 0938

ソニーが、フルサイズセンサーを搭載したミラーレスカメラ「α7R」「α7」を発表しました。35mm相当のCMOSを搭載する、Eマウントのカメラです。ソニー、ミラーレスカメラでフルサイズセンサー搭載の「α7R」という記事になっています。

ソニーは、35mmフルサイズ相当のCMOSセンサーを搭載するEマウントデジタルカメラ「α7R」および「α7」を11月15日に発売する。あわせてフルサイズ対応のEマウントレンズ5本とAマウントアダプター2機種も11月15日から順次発売する。店頭予想価格はα7Rが22万円前後、α7が15万円前後、α7ズームレンズキット(FE 28-70mm F3.5-5.6 OSS付き)が18万円前後。

製品名から「NEX」ではなく「α」を冠するようになりました。

「α7R」「α7」はそれぞれ仕様の異なるセンサーを採用しています。

・α7R

35mmフルサイズ相当(35.9×24mm)有効約3,640万画素の光学ローパスフィルターレスCMOSセンサー

・α7

光学ローパスフィルターを持つ35mmフルサイズ相当(35.8×23.9mm)有効約2,430万画素のCMOSセンサー

価格的にも「α7R」が上位モデルと位置づけられています。

2013 10 17 0946

製品名が変わったことで位置付けが分かりにくくなったのですが、次のようになっています。

同社の位置づけでは、α7RはAマウントフラッグシップのフルサイズ機「α99」 の下、α7はAマウントAPS-C機「α77」の下で、EマウントAPS-C機「NEX-7」の上に位置する。

液晶ビューファインダーには、0.5型約236万ドットの有機ELが採用されています。デザイン的には、ちょっと好みが分かれそうですね。

ソニー α7R ボディ 《11月15日発売予定》
by カエレバ

■関連記事

ソニー「α7R」「α7」「サイバーショットDSC-RX10」の発表会レポート - デジカメ Watch

α7、ではAPS-C機のNEX-7に比べてコントラストAFでの35%合焦時間が短縮したという「ファストインテリジェントAF」を採用。加えて後述するα7Rにはない117点の位相差検出AFとの「ファストハイブリッドAF」(NEX-6などで採用)が高精度・高速AFを謳う。ボディは防塵防滴とした。