スポンサードリンク

もう落とす心配はない!どんなレンズにも使える靴下みたいな「KUVRDユニバーサルレンズキャップ」

スポンサードリンク

「KUVRDユニバーサルレンズキャップ」という、一風変わったレンズキャップをモニターとして試用させて頂いています。

これはレンズキャップといって良いのだろうか。レンズ部分をすっぽり覆い隠すことができる、まるで靴下のような製品です。

スポンサードリンク

「KUVRDユニバーサルレンズキャップ」の感想

「KUVRDユニバーサルレンズキャップ」の特徴は次のようなものです。

・フリーサイズ
・耐衝撃性
・防水効果
・防塵効果

伸縮性のあるシリコン素材のため、メーカーを問わずにレンズに装着することが可能です。ただし、レンズの直径は60mm-150mmという制限があります。

伸縮性がどんな感じかというと、こんな感じです。

クニャッとなります。レンズから外した時には、ポケットに雑に突っ込んでおいても問題ないでしょう。

レンズキャップは頭が痛いというか、カメラに装着してカバンの中に入れておくだけでも外れてしまっていることがあるのですね。

そんなに高いものでもありませんが、純正品をなくすと地味に凹みます。レンズによってサイズも違うから使い回すのも難しいです。

それが「KUVRDユニバーサルレンズキャップ」を使うとどうでしょうか?

基本はフリーサイズなのでどのレンズへの取り付けも可能ですし、けっこうぴっちり装着できるので、落とす心配もありません。

レンズ全体も保護することができるので、レンズへの傷も防ぐことができます。

しばらく試していて思ったのは、まるでレンズの靴下だということです。外すときも装着するときも、まるで靴下のような取り扱いをすると楽ちんなのです。ガバッて感じで。

けっこう無造作に一眼レフカメラやミラーレスカメラをカバンに突っ込んでしまうんだというタイプの人は「KUVRDユニバーサルレンズキャップ」があるとレンズ全体を保護してくれるので安心ですよ。

耐衝撃性も凄い!

なお、現在はクラウドファンディングで出資を募集しています。2個で4,480円から出資可能です。一つあたり2,240円です。なかなか手頃な価格です。

フロントだけでなく、リアのレンズキャップにもなります。

興味のある人は↓でチェックしてみてください!

全てのデジタル一眼レフカメラユーザーに - メーカーや口径、種類を選ばずにレンズを保護できるユニバーサルレンズキャップ - クラウドファンディングのMotionGallery

SNSでシェアすると無料で「KUVRDユニバーサルレンズキャップ」が追加されるようなので、出資を検討している人はこちらもお忘れなく!

スポンサードリンク

前へ

【日高屋】「酸辣きのこ湯麺」ピリ辛酸っぱみでなかなか美味い【感想】

次へ

Amazon Echoシリーズ、Fireタブレットシリーズ、Kindleシリーズのアクセサリが20%オフ