Sanshou 9385

鳥取から直送される旬の素材を楽しむことができる割烹料理「さん昇(代官山)」に伺ってきました。鳥取は旅行したことがあるので懐かしいと同時に、東京で鳥取の素材に出会えたことをうれしく思いました。ご夫婦で切り盛りされるお店、心尽くしの料理ともてなしに感動しました!

「季節料理 さん昇(代官山)」に行ってきた!

代官山駅、恵比寿駅、もしくは渋谷駅新南口それぞれから中間くらいに位置しています。住宅街の中にあり、まさに隠れ家といった感じ(すぐに見つけられませんでした)。

Sanshou 9389

この日は5人で伺ったのですが、カウンター席は5人でいっぱい。他に4人が座れる個室もありましたが、いずれにしてもこぢんまりしたお店ですので、予約必須だと思います(予約5名から貸切)。

Sanshou 9387

かなり高級な雰囲気に気後れしそうになったのですが、ほんわかした女将さんのトークに癒されました。ちなみに、ご主人が鳥取県の出身とのことで、それで鳥取県の旬の食材を取り扱っているのだそうです。

Sanshou 9388

料理は恐らく「店主おまかせコース」のみだと思います(内容・金額はご相談くださいと書いてありました)。

Sanshou 9390

大山の地ビールで乾杯!

Sanshou 9391

あわび。

Sanshou 9392

季節の旬菜をいろいろ。手前の鯖の酒盗だったかな、かなりしょっぱいのですが、これがご飯か日本酒が欲しくなる、つまり米が欲しくなる美味さでした。

Sanshou 9394

鱧おとし。カウンターですので、目の前でご主人が鱧に仕事をするところも見られます。視線釘付け。

Sanshou 9395

おまかっせん。おまかせの割鮮。お刺身です。手前がアコウ、ハタ、上がタイです。醤油で食べると全て醤油味になってしまうということで、塩または煎り酒で頂きます。

Sanshou 9396

山葵と煎り酒で食べるお刺身というのがまた、初体験でしたし、初の味覚で美味しく頂けました。カボスと塩で食べるのも良いです。

Sanshou 9397

ノドグロの炭火焼き。皮の脂が落ちてパリパリです。奥は海苔。これも炙る前後で香りを嗅がせて頂いたのですが、炭で炙ると風味が出てきます。

Sanshou 9398

もずく酢。タコがこんなに美味いと思ったのは、初めてカモ。

Sanshou 9399

タイを山椒味噌で。もう、山椒味噌、最高過ぎます!

Sanshou 9400

アコウと新玉ねぎ。

これで一通りの料理が終わりました。実は、あまり体調がよくなくて(ぶっちゃけると二日酔い)、コース料理でボリュームもあるし「ちゃんと食べられるかしら?」という不安があったのですが、杞憂でした。改めて、身をもって身体に優しい和食の素晴らしさを痛感しました。

そして〆のご飯へ。

Sanshou 9401

鯛飯。

Sanshou 9402

蛸飯。

なんと、〆のご飯が2種類! 嬉しすぎる!

「どちらから召上りますか?」と女将さん。「鯛飯からが御勧めですね」とご主人。迷わず、鯛飯から頂きました。

Sanshou 9404

美味い。美味すぎる。

Sanshou 9403

ちゃんと最後まで食べられるだろうか、なんて心配していたのが嘘のようです。

Sanshou 9406

鯛飯の後はもちろん蛸飯。

Sanshou 9407

鯛飯、蛸飯、アンド、蛸飯。なんと、3杯もご飯を食べちゃいました!

Sanshou 9408

ツバメの巣を使ったというデザート。

Sanshou 9409

抹茶。

Sanshou 9410

かわいらしい湯飲みでお茶。いや〜、ほっこりします。

身体への優しさ、料理の繊細さ、どれも感動する料理の数々でした。和食の素晴らしさですね。鳥取の食材をメインで取り扱う料理屋さんも都内では多くない気がするので、ご興味のある方はぜひ。食事中はBGMがなく、デザートになる頃に小さくかかる、そんな心配りもされていました。とにかく、居心地が良い。無口なご主人に、ほんわか女将さん、料理も美味しくて最高の空間でした!

子供用メニューもあるそうなので、ご家族で御祝いの時などにいかがですか?

ごちそうさま!!!!!

季節料理 さん昇(代官山)

関連ランキング:割烹・小料理 | 代官山駅恵比寿駅渋谷駅