スポンサードリンク

エミレーツ航空 B777-200 羽田空港→ドバイ国際空港 #チェコへ行こう#cz100y

スポンサードリンク

チェコのプラハへは、前回と同様にドバイ経由で向かっています。利用するのはエミレーツ航空。羽田空港の深夜便で約11時間かけてまずはドバイまで。満席です。凄い!

スポンサードリンク

羽田空港を飛び立つのは0時30分です。ほぼ定刻通りに出発しました。

それぞれの座席にはアメニティが準備されています。この中にはアイマスクや靴下が入っています。エコノミークラスでこういうアメニティが用意されているのは、今まで出会った中ではエミレーツ航空だけですね。

機材はB777-200です。

各席には機内エンターテインメントシステムがあり、日本語の映画なども楽しむことができます。ただ、今回は搭乗して機内食を食べたら爆睡してしまい、気づいたら8時間くらい経過していたので、利用していません。

11時間のフライトはなかなか大変だと思っていたのですが、深夜便だと日本時間に合わせてそのまま眠ってしまうので、思っていたよりも到着が早そうです。

食事メニュー。

様々な言語で用意されています。夕食のメインはハンバーグまたはフィッシュ。なお、機内食はハラルフードになっています。

多くの人がハンバーグを頼むだろうと思ってフィッシュにしてみました。あんかけの魚料理にチャーハンがメインです。サラダとデザートがついています。ちょっと味が薄めだったので、塩胡椒でアレンジ。デザートのケーキのクリームが美味しかったです。

機内WiFiがあるとのこたでしたが、残念ながら課金するための画面に繋がらず。時間帯によらず、ずっとこの状態だったので、システムがおかしくなっていたのかもしれません。

朝食は焼うどんまたはオムレツだったので、さすがに朝から焼うどんは食べられないと思いオムレツをチョイス。とはいえ、寝起きだったため量が食べられず少し残しました。フルーツとヨーグルトくらいでちょうど良かったかも?

目が覚めてからは、Amazonプライムビデオでダウンロードしておいた「ソードアートオンライン」を観まくっています。

コミックDAYSでマンガ雑誌もダウンロードしておいたのですが、こちらはWiFi環境がないとダウンロードしたマンガを読むことができず。飛行機には向いてないようです。

一緒に旅をする元祖ワンパクのむねさだくん。寝起きで朝食を全て食べきるあたり、やはりワンパクだなと思いました。

間もなくドバイ国際空港に到着です!

着陸からのプラハ行きエミレーツ航空に乗り換え!

チェコ旅について

チェコ政府観光局の招待により取材しています。

■航空チケット最安値をチェック:
ANAJALエミレーツ

■LCC最安値をチェック:
ピーチジェットスターバニラエアエアアジア春秋航空ソラシドエア香港エクスプレス

最終更新日:

スポンサードリンク

スポンサードリンク

前へ

建国100周年のチェコをブログ旅で取材してクルテク! #visitCzechRepublic #チェコへ行こう #cz100y

次へ

エミレーツ航空 A380ドバイ国際空港→プラハ国際空港 #チェコへ行こう #cz100y