Czech tour 1950 1

チェコのリトミシュルには、現在では“チェコのゴッホ”と呼ばれるようになったヨゼフ・ヴァーハル(Josef Váchal)という画家がいました。“チェコのゴッホ”と呼ばれた理由の1つは、死後に評価が高まったことが影響しているそうです。そして、そのヨゼフ・ヴァーハルの作品が展示されているのが、リトミシュルの中心から徒歩で少しだけ離れたところにある「ポルトモネウム美術館(PORTMONEUM)」です。

「ポルトモネウム美術館」はヨゼフ・ポルトマンという人物が住んでいた場所で、彼はアートや本が好きでたくさんのコレクションを所有していました。自分で書物を印刷することもあり、当時の有名なアーティストに挿絵を依頼するものの、決してお金持ちというわけではなかったので、ちゃんと支払いをしないこともあった‥‥というような人物だそうです。何かにつけて言い訳をし、タバコやお酒で支払うこともあったようです。

そのヨゼフ・ポルトマンが1913年、ヨゼフ・ヴァーハルに出会い、自宅のペイントを依頼します。ヨゼフ・ヴァーハルの絵は非常に特徴的だったため、決して有名な画家というわけではありませんでしたが。

Czech tour 1962

「ポルトモネウム美術館」はヨゼフ・ポルトマンの所有していた一軒家です。

Czech tour 1961

ヨゼフ・ポルトマンはヨゼフ・ヴァーハルと知り合い、自宅のペイントのためにプラハからリトミシュルに呼び寄せますが、実際に部屋をペイントしたのは1922〜1924年のことでした。

Czech tour 1951

ヨゼフ・ヴァーハルによるペイントが行われているのは、1階の奥の2部屋です。

Czech tour 1953

内容としてはオドロオドロしいというか、特徴的な色彩です。

Czech tour 1954

オドロオドロしくも感じるのですが、神秘的でもあります。壁や天井には、オーナメントと踊る悪魔、化け物、ゴブリンなどの怪物以外に、聖書のシーンや占星術の兆しも描かれています。

Czech tour 1955

こちらはその奥に位置する部屋です。

Czech tour 1956

実際にはヨゼフ・ポルトマンが当時から著名な人物だったということもないようですし、ヨゼフ・ヴァーハルも生きている間には有名になることはありませんでした。

ヨゼフ・ヴァーハルの名前が広く知られるようになったのは、ホラチェックという人物が1991年にこの家を購入し、そこからプロモーションをしたことによるのだそうです。元々の才能に加え、敏腕プロデューサーの手が入ったからこそです。

Czech tour 1948

ヨゼフ・ヴァーハルの現在は、個人崇拝の対象にまでなっていると言われているそうです。そのくらい強烈な絵なのですが、好き嫌いの別れる絵でしょうし、しかし熱心なファンがいるというのも頷けます。

Czech tour 1952

ヨゼフ・ヴァーハルは絵描きであると同時に、本も書いていました。しかも、フォントも自分でデザインし印刷していたという、多方面への才能を発揮した人物でもありました。

Czech tour 1958

ヨゼフ・ヴァーハル。

Czech tour 1959

ヨゼフ・ポルトマン。

Czech tour 1960

ホラチェック。

Czech tour 1957

調べてみると複雑な環境で幼少時代を過ごし、都会を嫌うようになり、悪夢を見るようになり、それを芸術に活かすためにアーティストになったということです。「戦後、共産主義革命の後には完全に孤立。田舎に引っ込んで、世に知られずに辺鄙に暮らした」とも。どうしてあのような絵を描くようになったのか‥‥やはり生い立ちが影響していたようです。

もしも、ヨゼフ・ヴァーハルの絵に導かれるようなものがあるならば、チェコを訪れた際はぜひリトミシュルへ。

「ポルトモネウム美術館」の行き方・アクセス

>>Czech Republic - Portmoneum Litomyšl

住所:Chateau Information Center Litomyšl, Jiráskova 94

====================
チェコの旅情報は「チェコ」からチェック!
====================

チェコ取材旅行に関して

チェコ政府観光局が交通費や宿泊費などの旅費を負担している旅です。

>>チェコへ行こう