チェコ政府観光局の招待で訪れたチェコの1日目は、温泉保養地として有名な「カルロヴィヴァリ(Karlovy Vary)」です。日本で温泉保養地というと、浴衣で歩くようなひなびた温泉地を想像するかもしれませんが、カルロヴィヴァリは全く違いました。チェコらしい淡いパステルカラーの建物が立ち並び、飲泉を楽しむスパリゾートだったのです。

近くのロケット城に住んでいたチェコの「国の父」とも呼ばれるカルロ4世が、鹿狩の際に発見したことが「カルロヴィヴァリ」という地名の由来とされています(カルロ4世の発見した温泉、というような意味らしい)。16世紀頃から飲泉をするようになり、スパドクターのいる温泉保養地となったそうです。

もちろんホテルによっては温浴施設のあるところもありますが、スパカップという飲泉のための専用カップを購入し、13カ所ある源泉の温泉を飲み歩くというのが「カルロヴィヴァリ」のスタイルです。源泉は成分は同じですが、温度が異なり、飲む量とあわせて効果が変わってくるのだとか。

「カルロヴィヴァリ」の人口は約50,000人ですが、温泉のために訪れる人は毎年75,000人も及ぶそうです。さらにドイツも近く、プラハからも日帰り圏内であるため、2時間程度の滞在をする観光客は年間100万人にも及ぶのだとか。中には本格的に飲泉をするために、3〜4週間の滞在をする人もいます。

ちなみに2時間程度の滞在の観光客は、ガイドツアーに参加するなどして、飲泉をしていくのだそう。

Czech tour 1243

町は地元の人たち、観光業に携わる人たちが住むローカルのエリアと、飲泉ができる観光地エリアに分かれています。徒歩数分の近さですので、どちらも散策するのがオススメです。今回、宿泊した「グランドホテル アンバサダー ナロドニ ドゥム(Grandhotel Ambassador Narodni Dum)」はローカルエリアにあります。

Czech tour 1245

ヨーロッパの観光は初めてなのですが、歴史を感じさせる美しい建造物ばかりで、これを見るために「カルロヴィヴァリ」を訪れるというのも検討する価値はあると思います。

Czech tour 1247

奥に見えるのが公共のスパです。1990年代の共産党時代は6つの公共施設スパがありましたが、現在はホテルでスパができるのは2つしかないそうです。入浴よりも飲泉の方が盛んだと分かるエピソードです。

Czech tour 1249

まるで映画に出てくるような町並みにため息が漏れます。

Czech tour 1250

「カルロヴィヴァリ」は町としては640年前からありますが、2度の大火と洪水により、現在の建物は19世紀頃からのものということです。

Czech tour 1252

これは1975年に建築された「カルロヴィヴァリ」で最も大きいホテルの「Thermalホテル」です。カンファレンスホールも併設されており、毎年7月に「カルロヴィヴァリ映画祭」を開催します。

Czech tour 1255

「カルロヴィヴァリ」は日本の草津とも姉妹都市になっています。温泉繋がりなのでしょう、きっと。

「カルロヴィヴァリ」で飲泉を楽しむ

Czech tour 1267

このように白い屋根のような建物は「コロナーダ」といい、飲泉する場所に設けられています。雨などが降っても飲泉しやすいように、という配慮でしょうか。

Czech tour 1268

これが、鉱泉が湧き出ているところです。湯温は30度くらいのものから、けっこう熱いものまで様々ですが、スパドクターから「何番の温泉が必要ですよ」と言われて、それを飲みながら静養するのだとか。

熱い温泉をどうやって飲むだろうと思ったら、スパカップを販売している屋台がいくつかありました。

Czech tour 1263

飲泉のために購入する人もいるでしょうし、お土産としても気をつけて持って帰ればかわいいと思います。

Czech tour 1264

後から分かったことなのですが、平べったい形状のものが多いのは、ポケットに入れやすいからなのです。飲泉して歩く時に、スパカップを持ち運びしやすいように、形状が薄く変化したのです。

Czech tour 1265

飲泉しながらの街歩きも、この景色があればいつまでも飽きません。

Czech tour 1271

これはまた別の源泉です。このようにして、道すがら飲泉をしながら散策ができます。

Czech tour 1272

これはコロナーダの下です。

Czech tour 1276

1918年頃までは「カルロヴィヴァリ」では夏のみホテル営業をしていたそうです。

Czech tour 1290

それが1918年にチェコスロバキアとなり、ローカルエリアなどに建物ができ、一年を通しての営業が行われるようになったと言います。

Czech tour 1284

街歩きをしていると景色が完全にディズニーランドというか、きっとディズニーランドがこの世界観を模しているのだろうなぁ、ということがよく分かりました。

Czech tour 1294

間欠泉もあり、お湯がブシューと吹き出していました!

Czech tour 1302

そしてこの美しい町並みは、多くの著名人にも愛されました。その1人がゲーテで、生涯を通じて13回も「カルロヴィヴァリ」を訪れたそうです。

Czech tour 1300

ゲーテが立ち寄ったという建物。

ゲーテは3カ所だけ住みたいと思った町があったそうで、それがローマ、ワイマール、そしてここカルロヴィヴァリだったそうです。

Czech tour 1299

ゲーテが誕生日を祝ったという、エレファントという店も健在でした。

「カルロヴィヴァリ」を地図で見てみましょう。

「カルロヴィヴァリ」はチェコの北西部に位置します。プラハからは高速バスで約2時間でしたので、十分にプラハ観光の際にも立ち寄ることができます。じっくりと街を散策したり、カフェを巡るなら一泊するのもオススメです。芸術家になった気分で「カルロヴィヴァリ」を散策しましょう!

「カルロヴィヴァリ」へのアクセスと宿泊に関しては次の記事も参考にしてください。

プラハ空港からカルロヴィヴァリへ高速バスで移動

「グランドホテル アンバサダー ナロドニ ドゥム(Grandhotel Ambassador Narodni Dum)」カルロヴィヴァリ で宿泊したホテル

====================
チェコの旅情報は「チェコ」からチェック!
====================

チェコ取材旅行に関して

チェコ政府観光局が交通費や宿泊費などの旅費を負担している旅です。

>>チェコへ行こう