羽田空港から約20時間かけてプラハ空港に到着したのも束の間、次の目的地である「カルロヴィヴァリ(Karlovyvary)」に向かいます。カルロヴィヴァリはボヘミア西部の都市で、世界的に有名な温泉地としても知られています。

カルロヴィヴァリへ向かう交通手段は高速バスを使います。所要時間は2時間ほど、料金は日本円で1人約800円ほどとのことです。日本の感覚からすると、かなり安く感じます。

プラハ空港からカルロヴィヴァリへ高速バスで

プラハ空港のすぐそばにバス停があります。徒歩で移動可能です。ゴロゴロとスーツケースを引っ張りながら向かいます。

バス停のベンチの模様が飛行機でかわいかったので、写真をパシャリ。

時刻表通りの15時に、ジャビット君みたいな顔をしたバスがやってきました。

バスの1階部分に荷物を積み込みます。乗り場は車体の真ん中から。これも珍しいバスの形状です。

革張りのシートで、2列の席が並びます。ヨーロッパ仕様なのでしょうか、席も大ぶりな感じがします。ヘッドレストまで含めてなかなかの高さがあります。

各席には飛行機のようなエンターテイメントシステムがあります。チェコ語、英語で映画が見られるほか、リバーシなどのシンプルなゲームのプレイも可能です。

車内には無料のWiFiがあり、それがなかなか高速で使えて快適です。無料のコーヒーサービスもあるみたいです(多分、入口で紙コップに注ぐのだと思います)。

チェコは春(日本でいう4月くらいとのこと)。たびたび横で通り過ぎる菜の花畑がキレイです!

====================
チェコの旅情報は「チェコ」からチェック!
====================

チェコ取材旅行に関して

チェコ政府観光局が交通費や宿泊費などの旅費を負担している旅です。

>>チェコへ行こう