Emirates lounge 1169

チェコ政府観光局の招待でチェコ共和国を訪問の旅をしています!

今回は「エミレーツ航空」を使い、羽田空港→ドバイ空港→プラハ空港と旅しています。羽田空港からドバイ空港までは約11時間、ドバイ空港で2時間ほど待ち、プラハ空港行きの便に搭乗しました。フライト時間は約6時間です。

ここまでは下記の記事も参考にしてください。

「エミレーツ航空」羽田空港からドバイ空港へ 〜機内食が美味しい

「エミレーツ航空」ドバイ空港の激しく広いラウンジに潜入

ドバイ空港からプラハ空港への機材はA380です。これは2階建ての飛行機で、600人以上が乗れるというビッグサイズで、見た瞬間に思わず「大きい!」と口をついて出てしまいました。

ドバイ発プラハ行きの便はAターミナルだったので、地下鉄での移動が必要でした。Bターミナルのラウンジを使用している人は、移動時間を勘案しておくと良いでしょう。

Emirates lounge 1159

それでは搭乗口のあるAゲートに向かいます。

Emirates lounge 1161

けっこう離れているらしく、地下鉄で移動します。

Emirates lounge 1162

かなりゴージャスなつくりになっています。キラキラしていました。

Emirates lounge 1170

反対側に駐機していたA380です。コックピットが小さく感じますよね。エンジンも大きいです。離陸の時にはその馬力を活かして、静かにずんずんと進んでいきました。滑走路もかなり長く走行し、重いからでしょうか、あまりブレることなくスッと離陸しました。

600人以上が搭乗できるA380ですが、ドバイ発プラハ行きの便はほぼ満席とのことでした。

「エミレーツ航空」A380の座席

Emirates lounge 1171

3列-4列-3列の並びとなっています。新しい飛行機なので、座席も新しく感じます。足元も広めで快適に過ごすことができています。

Emirates lounge 1199

なんとかMacBookで作業するくらいのスペースも確保できていますので、エコノミークラスとしては広い方ではないでしょうか。

「エミレーツ航空」A380の機内エンターテイメント

Emirates lounge 1173

新しい機材ということで、特筆すべきはやはり機内エンターテイメントでしょう。iPad miniを2枚並べたくらいの大きさのメインの液晶画面と、iPhone 6と同じくらいなのではないかというくらいの液晶のコントローラーと、色々と圧巻です。液晶は感圧式ではなく静電式ですので、うさもしやすいです。

Emirates lounge 1174

エコノミークラスの全席にこれがついているんですからね。凄いことですよ。

Emirates lounge 1177

コントローラー外したところは、ちょっとした携帯ゲーム機です。ちなみに、ちらっと見えた瞬間があったのですが、恐らくOSはAndroidだと思います。

Emirates lounge 1198

コントローラーの裏にはカートーリーダーもあり、クレジットカードを使って通話もできるみたいです。どんだけ高機能なんだ!

Emirates lounge 1183

USBポートも装備されています。C列にはありませんが、他の席にはコンセントもあります。コンセント部分にもUSBポートがあるので、USBポートが2口ですね。

Emirates lounge 1175

とりあえず、USBポートがあれば問題ありませんが。

Emirates lounge 1178

ゲームもおまけではなく、このコントローラーですから本格的に遊ぶこともできるでしょう。

最も感動したのがフライトビューです。飛んでいる様子をカメラの映像で見ることができます。離陸着陸の際にカメラに切り替わることはこれまでありましたが、フライト全てを通してカメラの映像を見られるのは感動的ですらあります。

Emirates lounge 1193

カメラは3カ所にあります。これは尾翼から前方を撮影しているカメラで、最も見ていて興奮します。この中のどこかに自分が乗っているのですから。

Emirates lounge 1194

これは機体の下を写すカメラです。場所によって山だったり町だったりが見えます。

Emirates lounge 1195

これは正面のカメラですが、たまたま雲の中だったようです。

Emirates lounge 1200

地平線を見ながらのフライトって、控えめに言っても最高じゃないですか!? これがあれば、飛行機に乗るのがさらに楽しくなると思います。

映画は「Hidden Figures」と「秒速5センチメートル」を観ました。

「エミレーツ航空」A380の機内食

羽田空港からドバイ空港への便でも美味しかった機内食ですが、ドバイ空港からプラハ空港はさらに美味しかったです!

Emirates lounge 1184

メニューです。羽田空港からドバイ空港へのものと同じデザインですね。

Emirates lounge 1185

今回は日本語のメニューはありません。ランチのラムが非常に気になっていました。チキンとビーフ、フィッシュくらいはあっても、ラムの機内食は食べたことありませんでしたからね。絶対にこれを頼もうと決めていました。

Emirates lounge 1190

これが朝食。フルーツ中心です。パンが美味しいです。

Emirates lounge 1205

そして楽しみにしていたラムを使ったランチですが、これはなんていう料理なのか分からないですが、アジアンなカレーぽい感じで美味しいのです!

Emirates lounge 1204

今まで食べてきた機内食の中で、もっとも美味しい機内食でした。ベストオブ機内食です。「エミレーツ航空」の機内食が美味しいというのは、間違いないですね! 願わくば、帰りのフライトでもこのラムの機内食が食べたいなー。

「エミレーツ航空」A380の機内WiFi

Emirates lounge 1186

羽田空港からドバイ空港へのフライトに続き、ドバイ空港からプラハ空港へのフライトでも機内WiFiを使用しました。まずは10MBのお試しをし、すぐに1ドル500MBを契約しました。

Emirates lounge 1192

ただ、羽田空港からドバイ空港への時と比べて、全くスピードが出ませんでした。かろうじてFacebookやTwitterは使えましたが、それ以外の重い作業は難しいかもしれません。

Emirates lounge 1202

アンテナアイコンをタップすると同時に接続している人の数が分かるのですが、さすがに60人近くいると厳しいのでしょうか。羽田空港からドバイ空港は、半分くらいの人数だったとのことです。

「エミレーツ航空」A380の感想

座席、機内エンターテイメント、機内食、どれをとっても満足のフライトでした。6時間があっという間に感じました。座席の足元にも余裕があるので、そこそこの長時間でもそこまで苦痛には感じませんね。

Emirates lounge 1207

トイレも広めで、なおかつキレイでした。木目調になっていて、これまでに経験したことのない飛行機のトイレでした。

====================
チェコの旅情報は「チェコ」からチェック!
====================

チェコ取材旅行に関して

チェコ政府観光局が交通費や宿泊費などの旅費を負担している旅です。

>>チェコへ行こう