スポンサードリンク

仮想通貨取引所「Zaif」約67億円相当のハッキング被害

スポンサードリンク

仮想通貨取引所「Zaif」約67億円相当のハッキング被害

仮想通貨取引所の「Zaif」が、約67億円相当のハッキング被害に遭ったことを発表しました。現時点では仮想通貨の入出金が停止しています。

スポンサードリンク

発表が行われたのは2018年9月20日2時15分ですが、出勤停止は9月14日から続いているということです。

「Zaif」の発表によれば、不正アクセスがあったのは9月14日17時頃から19時頃までの間。

入出金用のホットウォレットで管理される仮想通貨(BTC、MONA、BCH)が不正に送金されたとしています。

「Zaif」がハッキング被害により失った仮想通貨の種類及び数量は、次の通りです。

・BTC 5966
・MONA 現在調査中
・BCH 現在調査中

以上の被害による損失の総額は、日本円で約67億円相当(MONA、BCHを含む)と思われるとしています。このうち「Zaif」固有の資産は約22億円相当で、預かり資産に相当する仮想通貨は約45億円となるということです。

「Zaif」でサーバーの異常を検知したのは9月17日で、ハッキング被害を確認したのは9月18日だったとしています。その後、財務局への報告等を行って対応しています。

「Zaif」では、JASDAQ上場企業である株式会社フィスコのグループ企業である株式会社フィスコデジタルアセットグループの子会社を通じて、50億円の金融支援、株式の過半数を取得する資本提携、過半数以上の取締役及び監査役の派遣、を検討する内容とする基本契約を締結するに至ったということですが、もう「Zaif」独自では事業継続が困難との判断ということでしょうか。

仮想通貨の入出金の再開日は未定。もし50億円の支援が受けられとすると、それは消失した仮想通貨の調達に充てられると「Zaif」ではしています。

「Zaif」に関しては様々な問題があると利用者からも聞いていたのですが、ここにきて一気に噴出した感じなのでしょうか。

関連記事

Zaif、不正アクセスでビットコインなど約67億円相当流出 - ITmedia NEWS

Zaifのハッキングを受け、ビットコインの価格は、20日午前0時時点の約71万円から午前4時現在、一時68万円台まで急落した(価格はbitFlyer調べ)。

【緊急】Zaifがハッキングされる。67億円相当の仮想通貨が盗まれたことを発表 : IT速報

CCは500億近く自己資本で弁済したけど、zaifは50億を外部から調達予定か

スポンサードリンク

前へ

「ギガぞう」フリーWiFiの自動接続やLTE通信の圧縮でギガを節約するアプリ

次へ

ネタリスト(2018/09/20 07:30)価格がこなれたいまこそ再評価すべき2in1「Surface Go」