スポンサードリンク

ビットコインが爆下げ!年末に記録した最高値の半分の100万円に

スポンサードリンク

201801170837482

ビットコインはチャートだけウォッチしているのですが、2018年1月16日の深夜から17日の朝にかけて爆下げしていました。流れとしては2018年1月16日の夕方に大きく下げたので、これまでのパターンだと深夜にもう一回くらい大きく下げて100万円に迫るのでは‥‥と思っていたら案の定でしたね。

スポンサードリンク

2017年の年末には200万円オーバーを記録していたのですが、1ヶ月ちょいで半値の100万円まで爆下げしてしまいました。普通にビットコインやその他の仮想通貨を持っている人はホールドしたままでも良いかもしれませんが、ビットコインFXをしている人はなかなか大変な状況になっているようです。

2018 01 17 0849

強制ロスカットでどうにもならない状況に。他にも含み損レベルだと「数千万円を溶かした」という人もちらほらとTwitterで見かけます。再びチャートが上昇傾向になれば復活するのでしょうが。

LINEやメルカリが仮想通貨を決済手段として導入するというニュースがあったので、それなら試しにやってみようとビットフライヤーに口座を開設した途端の大暴落でした。なんのフラグなんでしょうか。

>>「LINE Pay」決済・支払いに仮想通貨を導入か

>>「メルカリ」2018年内にも仮想通貨決済を導入へ 〜仮想通貨交換業登録を目指す

「仮想通貨をやらずに語るな」という人もいるので、少しだけやってみようと思いましたが、投機的に利用するつもりは全くなかったので問題はありませんが。

これまでチャートを眺めていた経験だと、爆下げした後に爆騰して持ち直すというのが常だったのですが、今回は2段階で大きく爆下げしました。なんとなくビットコインを購入している層の幅が広がり、値動きに敏感に反応する人たちが増えているのかもしれませんね。

下がった時が買い時と思って買い増しができる人と、そうでない人もいると思います。既に全財産ベットしてしまっていたような人とか。パチンコファンが仮想通貨ファンに転換しているというのも観測されているようです。

基本的に仮想通貨の値上がり、値下がりには理由はなく、その時々の人々の気分が反映されていると思っています。まだ広がる余地はあるとは思いますが、仮想通貨の売買する人が飽和し(新規ユーザーが増えなくなった時)、さらにその人たちの資金力が尽きた時がバブルの終わりなのかな、と個人的には思っておりますが。

以上、仮想通貨素人が半年くらいチャートを眺めていた感想でした。

ちなみに仮想通貨自体で儲けている人も少なくないかもしれませんが、Twitterやブログで仮想通貨のことを書いて儲けている人の多くは、新規ユーザーを取引所へ送客するアフィリエイト収入が大きな収入になっているはずです。つまり仮想通貨の上げ下げとは別です。

「仮想通貨で儲かった!」と大きく見せて「私も!」と誘導できれば、それで数千円から数万円のアフィリエイト収入になります。ゴールドラッシュの時にツルハシを売っていたのと同じ構図ですね。こういう構図を理解して仮想通貨の大海に乗り出していくのは良いですが、分からずに煽られているだけだと損してしまうの思うです。ぜひ注意してみてください。

↓これがアフィリエイトです。マウスオーバーすると「?bf=ai3qc5vy」というのが見えますよね。ここをクリックしてビットフライヤーにユーザー登録すると、ネタフルにアフィリエイト収入が入るという仕組みです。普通のアフィリエイトとは単価が違うので、バブルになるよなぁ、とは思います。

>>ビットフライヤー

もし仮想通貨に手を出すなら、本気で「なくなっても良い」と思える範囲にしておいた方が良いですよ。煽って紹介する人も、いつまでどこまでが「自己責任」で通用するか‥‥でしょうね。もちろん投資投機は自己責任が前提ではあるのですが。お金で人は変わります。仮想通貨を見ていると身にしみて分かります。

スポンサードリンク

前へ

「もと家」オリジナルタレMTで食べる牛タン・ハラミ焼きが“くぅぅ”と旨くて唸る!

次へ

あき竹城の芸名の由来は?どっちが苗字か混乱する有名人ランキング