Motoya 7409

15年前にニューヨークで知り合った友人のウォンさんが赤羽にオープンした丸鷄鍋(タッカンマリ)の店「丸鷄 もと家」の記事はネタフルで何度も書いていますが、あの味が家でも食べられるようになりました。ついにネット通販が始まりましたよ! 正月に実家で食べて大好評でした♪

「もと家 丸鷄鍋」はどんな店?

「もと家 丸鷄鍋」は赤羽にある丸鷄鍋(タッカンマリ)の専門店です。じっくり煮込んでホロホロになった丸鷄は、超絶旨味です。スープが本当に美味しいので、個人的には〆の乾麺を超楽しみにしています。ワンタンや水餃子にスープを吸わせるのもグッドです。

「丸鶏 もと家」箸で切り分けられるまで柔らかく煮た丸鶏と〆の乾麺に舌鼓ポポポポーン!(赤羽)

丸鶏鍋タッカンマリの〆はやっぱり乾麺だ!「丸鶏 もと家」(赤羽)

これまでは店頭でしか食べられなかった「もと家 丸鷄鍋」ですが、設備が整い、ついにヤフーショッピングでネット通販が始まりました。ちょうど正月だったので、注文して食べてみましたよ!

「もと家 丸鷄鍋」ネット通販で買ってみた

Motoya 7402

今回、注文したのは5,400円の鍋一個セットです。2個セットだと10,800円。10,000円以上だと送料無料になります。

Motoya 7399

中には冷凍した鶏が丸々一羽、冷凍したスープ、そして作り方の説明書が入っています。今回はサービスで乾麺も入れてくれていました。大事なことを書きますが、注文時に「乾麺欲しい!」とリクエストをするとサービスで入れてくれるそうです。

大事なことなのでもう一度、書きますよ。注文時に「乾麺欲しい!」とリクエストをするとサービスで入れてくれるそうです!

〆は雑炊なども美味しいと思うのですが、個人的には間違いなく乾麺です。

Motoya 7404

鶏が丸ごとというのは、なかなか見る機会がないかもしれませんね。豪快です。下にスープがたっぷりとあります。カチンコチン。左にある赤いのは、辛味噌です。これも美味い。

Motoya 7403

作り方も解凍してから温めるだけなので、簡単です。

「もと家 丸鷄鍋」作ってみた!

Motoya 7406

まずは湯煎して丸鷄とスープを解凍します。

そして、お好みの野菜と共に、鍋を一煮立ちさせます。

Motoya 7408

きゃああああああああああああ、美味そううううううううううう!!!

ちなみに丸鷄以外に投入したのは、

・レタス
・ネギ
・ワンタン
・水餃子

です。

レタスとネギはさっと火を通すくらいが良いかもしれませんよ。ワンタンと水餃子はスープをタップリ吸ってて、もうこれを食べているだけで幸せです。鶏の出汁がききまくりです。丸鷄はオタマでカットできるくらい、ホロホロです。家族4人くらいなら、けっこうボリューミーだと思います。

ああ、店の味がそのまま再現! 正月から幸せです!

そして一通り具材を食べたら乾麺の出番です!!

具材をタップリ入れるとスープが溢れてしまうので、別に取り分けておいてスープを改めて投入し、〆のラーメンを作ります。

Motoya 7411

マイルド〜〜〜♪

濃厚でコクがありつつもマイルドな鶏スープを乾麺が吸って、これまた天国です。

Motoya 7410

やっぱり「もと家 丸鷄鍋」の〆は乾麺ですなぁぁぁ!

程よい歯ごたえも最高ですわ!

鶏が濃厚かつ優しい味ですので、小さい子からおじいちゃんおばあちゃんまで、家族みんなで楽しめる鍋だと思います。お店で食べたお父さんが、家族に注文するというのもオススメですよ。あの味をぜひ自宅で♪

いやはや「丸鷄 もと家」の丸鷄鍋が家で食べられるようになるとは、なんて素敵なことでしょうか。家族で美味しく頂きました。ごちそうさま!!!!!

※注文する方は乾麺をリクエストするのをお忘れなく!

丸鷄 もと家