ハゼの捌き方

若洲海浜公園で釣ってきた小さいハゼを、唐揚げにするためにさばきました。ハゼの捌き方を写真付きでレポートします。慣れれば子供でもハゼを捌くことはできますよ! さばけてしまえば、後は唐揚げや天ぷらにして美味しく頂きましょう!

ハゼの捌き方(ハゼのおろし方)

ハゼをさばくのは初めてだったので、ネットで検索しました。はぜ料理というページが分かりやすかったので、こちらのハゼの捌き方を参考にして小学生の長男と二人でさばきました。

(1)最初に少なめの水と塩でゴリゴリと洗っておきます。ぬめりや鱗を取り、水ですすぎます。何回か繰り返し、水が透明になるまで行います。

(2)頭とワタ(内臓)を包丁で取ります。

ハゼの頭の後ろの部分に包丁を入れる

ハゼの頭の後ろの部分に包丁を入れ、腹の方まで切ります。下の方まで包丁で切れたら、右に移動します。

頭と一緒にワタ(内臓)も取る

そうすると、頭と一緒にワタ(内臓)も取れます。

Haze 5314

この段階でワタ(内臓)はほとんど取れてしまいます。

(3)もう一度、塩水でもみ洗いします。キレイにワタ(内臓)を取り除いて作業は完了です。うちではハサミで腹をカットして、血合いなどを洗い流しました。

Haze 5315

小さいハゼなら、子供でも簡単にさばくことができると思います!

小さいハゼを料理する場合は、かき揚げや南蛮漬けが美味しいみたいです。

ハゼ、唐揚げに!

Haze 5324

捌いたハゼは、唐揚げにして美味しく頂きました!

サッパのさばき方という記事も書いています。