スポンサードリンク

カップヌードル「ブラックペッパークラブ」カニの旨味と黒胡椒

スポンサードリンク

ブラックペッパークラブ 01

カップヌードルのアジア麺シリーズはどれも美味しいとなかなかの評判。久しぶりにスーパーで出会って「シンガポール風ラクサ」と一緒に購入していたのが、カニの旨味と黒胡椒の効いた「ブラックペッパークラブ」です。

「ブラックペッパークラブ」というのは、どうやらシンガポールの人気料理なのだそう。初めて聞いたし、食べたこともなかったのですが。

スポンサードリンク

カップヌードル「ブラックペッパークラブ」を食べてみた

ブラックペッパークラブ 02

蓋の上には「BLACK PEPPER CRAB OIL」という小袋が乗っています。これが味を決める大事な要素の1つとなるのでしょうね。

ブラックペッパークラブ 03

カップヌードル「ブラックペッパークラブ」のカロリーは370kcalです。炭水化物は48.4g。なかなかです。

ブラックペッパークラブ 04

「ブラックペッパークラブ」は次のようなものだそうです。

「蟹を黒胡椒とニンニクの特製ソースで炒めたシンガポールの人気料理「ブラックペッパークラブ」をカップヌードル流にアレンジ!蟹の旨味が凝縮されたスープに別添のバターの風味がクセになるおいしさです」

小袋はバターなのか!

ブラックペッパークラブ 05

パッケージを開封したところ。カニカマを乾燥させたようなものが見えます。そしてけっこう黒い。黒胡椒が黒い。

ブラックペッパークラブ 06

お湯を入れて3分が経過、完成したところです。ブラッキーですが、見た目にはそれほどインパクトを感じません。

ブラックペッパークラブ 07

食べてみると‥‥おっと、思ったより普通だ。普通に美味しい。確かにカニとニンニクの旨味が感じられる美味しさです。

見た目でも驚かなかったのですが、味でも驚きませんでした。こういうのって「なんかうめー!」ってなるのを期待するのですが、そういうのがありません。

でも、なんだろう。普通に美味いんです。黒胡椒が沈んでしまっているのか、食べ進めるとピリ辛が現れてきて、それもまたいい感じ。個人的にはもっと大量の黒胡椒が入っていても良いくらいですが。

カップヌードルだって「なんかうめー!」と思って食べるわけではないじゃないですか。でもなんだかまた食べたくなるという。そういう飛び道具的なではないベーシックな美味しさ。

「ブラックペッパークラブ」にも、そういう普通の美味しさを感じたのでした。

ごちそうさま!!!!

スポンサードリンク

前へ

「ストロングゼロ ビタースペシャル レモン&ライム」"甘くない"は本当に甘くない?

次へ

新規タブを右端に開くGoogle Chrome機能拡張「New Tabs At End」