Peyoung ramen 6284title 1

苗場のコンビニ風の個人商店に立ち寄った際に、カップラーメンのコーナーで見つけたんです。「ペヤングヌードル」を。見た瞬間「えっ!?」てなりました。だって、ペヤングのカップ麺ですよ。やきそばのイメージしかないのに。存在すら知らなかったのですが、発売は1973年と古く、2016年に再発売されていたものでした。

「ペヤングヌードル」のパッケージと歴史

Peyoung ramen 6280

パッケージには「Pe Young」と書かれています。ペアのヤングに食べて欲しいという思いから名付けられた「ペヤング」ですが、ソース焼きそばが発売される2年前から販売されていたそうで、これこそ元祖ペヤングと言っても良いのかもしれません。

Peyoung ramen 6283

製造しているまるか食品が群馬県伊勢崎市の会社なので、その関係で新潟の商店においてあったのかもしれません。とはいえ「ペヤングヌードル」は1973年〜2014年まで販売していたらしいのですよ。そんなに歴史のあるカップ麺なのに、存在すら知らなかったとは。

TwitterやFacebookに投稿してみたところ、新潟県民でもほとんどの人が知らなかったですし、ペヤングが好きだという人も知らなかった、割りと知る人ぞ知るカップラーメンだったようです。

こんなテレビCMもあったのですが、どこで流れているのでしょうか‥‥!?

Peyoung ramen 6281

カロリーは373Kcalです。

Peyoung ramen 6282

アレルギー表記によるとえび、卵、小麦など9種類が表記されています。

「ペヤングヌードル」を食べてみる

それでは「ペヤングヌードル」を食べてみます。

Peyoung ramen 6285

蓋をあけると中にはかやくとスパイスが入っています。ソース焼きそばでお馴染みの感じですね。かやくにはスープが含まれています。ちなみに、かやくは乾燥野菜くずではありませんよ。

Peyoung ramen 6286

かやくとして入っているのはエビ、玉子、かまぼこ、そして謎肉のようなものです。白いつぶつぶはスープです。

ここに熱湯を入れて3分待つとこうなります。

Peyoung ramen 6289

スープがけっこうこってりとした感じです。

Peyoung ramen 6288

ここにお馴染みのスパイスをかけるのですが、封を切った瞬間からくしゃみがとまらなくなったので、なかなか強力な胡椒だと思います。

Peyoung ramen 6290

スパイスも投入!

Peyoung ramen 6291

かきまぜて「ペヤングヌードル」の完成です!

味の方ですが、見た目からしてチキンラーメンのような麺でもあり、実際に味わいは同じ系統だと思います。ただ「ペヤングヌードル」の方が優しい味です。チキンラーメンはチキンチキンした味がちょっと苦手なのですが「ペヤングヌードル」ではそこまでの主張はありません。優しい醤油味のカップ麺です。

発売当時の変わらない味ということですが、奇をてらうことなくシンプルで優しい味の「ペヤングヌードル」に感動すら覚えてしまいました。これなら飽きが来ない味だなぁ、と。コンビニで売っていたら、まず手に取りたいカップ麺です。

これはとってもいいんじゃない!? ごちそうさま!!!!!

みそとシーフードもあった!!