アジャイルメディア・タイアップ・レビュー。この記事は、アジャイルメディア・ネットワークのタイアップです。

Lawson bakery 0017

ローソンで購入できる「ブランパン」をご存知でしょうか? 「ブラン」は、小麦・米など穀物の外皮のことで、その穀物の外皮を使って作ったパンが「ブランパン」です。小麦粉だけで作るパンより低糖質というのが売りで、ダイエットなどで糖質制限をしている人には、気になるパンではないでしょうか?

今回は、2014年5月20日より新しくなった、そんなローソンの「ブランパン」を試食させて頂いたレポートをお届けします!

「ブランパン」担当者に聞く開発秘話

Lawson bakery 0062

試食に先立って「ブランパン」の開発担当である、ベーカリーデザート部の村田さんからお話を伺いました(写真中央)。

「ブランパン」に取り組むことになったのは、もともとローソンとしての健康への取り組みがあり、マチの健康ステーションになりたいと考えているそうです。その取り組みの一つとして"おいしい低糖質"ということに着目していると伺いました。

ちなみに「低糖質」と思い出すのが、昨今の糖質制限ダイエットです。ダイエットするために、美味しくて腹持ちの良い低糖質のものを探している、という人には、まさにローソンの「ブランパン」はうってつけの存在と言えるでしょう。ちなみに、健康に気を遣っている人が多い印象のあるナチュラルローソンでは、通常のローソンより「ブランパン」が3倍も売れるのだそうです。

「ブランパン」は鳥越製粉社との取り組みにより開発され、2012年より販売をスタートしていたそうです。実は今回のお話を伺うまで、ローソンで「ブランパン」が販売されているということを知りませんでした。パンコーナーに行きつつも、低糖質のパンが売られている、ということに全く気付いていなかったのです。とはいえ、知っている人は知っているという存在だったようで、来店頻度の高いお客さんが何度も購入するヘビーユーザになっていたそうです。

そして2014年、さらに「ブランパン」が進化しました。小麦ブランに米ブランを入れ、さらに美味しく、より低糖質になり、サイズか重さが大きくなっているそうです。「ブランパン」は小麦粉だけで作るパンより低糖質なのですが、ちなみに2個入りの「ブランパン」(沖縄県は糖質等の仕様が異なる)は一般のロールパンより糖質が84.3%もカットされているのだとか。

加えて食物繊維も豊富で、これまた2個入りの「ブランパン」では12.2gと、普通のロールパンの3倍もの食物繊維が含まれているということです。これだけで、成人女性の1日に必要な食物繊維の摂取目標の2/3が摂取できてしまうそうです。

まとめると、2014年バージョンの「ブランパン」は、

・より美味しい
・より低糖質
・より大きい

という、なんとも欲張りで満足度もアップしているという訳です。ダイエットや糖尿病などで糖質制限している人にとって、コンビニで手軽に低糖質のパンが購入できるというのは、本当にありがたいことだと思います。

それでは、各「ブランパン」を試食してみました!

ブランパン 2個入

Lawson bakery 0025

まずは標準の「ブランパン」です。開発担当としては菓子パンの方がいいと思っていたところ、お客さまの声として「そのままのパンが欲しい」というのが届き、開発されたものだそうです。1個あたり糖質2.2g、67kcalです(エリアによって仕様が異なります)。

Lawson bakery 0026

試食した8品の中で最も売れているのが、このベーシックな「ブランパン」だそうです。毎日食べるなら、やっぱりベーシックな味に落ち着きますよね。分かる気がします。もはやお客さんにとっては主食な訳ですが、実際に食べてみても飽きのこない味です。「ブラン」の味に馴染みのない人もいるかもしれませんが、少なくとも香りや味に特徴があって気になる、ということは、ぼくはありませんでした。このあたりはかなり工夫がなされているのではないでしょうか。

Lawson bakery 0027

「ブランパン」は約半数の人が繰り返し購入しているという、リピート率の高さにも、その人気は現れているそうです。

シンプルなパンより菓子パンの方がいいと思っていたが‥‥というのも、如実に数字に表れていますね。圧倒的です。もちろん主食として食べる人が多いのが理由で「ブランパン2個入りと何か」といったような、組み合わせとして買われることが多いのだとか。「ブランパンに卵サラダを挟んでみました」のような、アレンジした食べ方が多いのも「ブランパン」の特徴だそうです。

ブランブレッド

Lawson bakery 0028

「食パンが食べたい」という、やはりお客さんの声から生まれたのが「ブランブレッド」です。生地は「ブランパン」とほぼ一緒ですが、醗酵と焼き方で違う食感になっているのですが、これがモチモチして美味いのです。個人的には、試食した中で最も好きな味でした。これだったらかなりリピートしても問題ありません。糖質7.3g、219kcalです。

※販売は沖縄県を除く。

Lawson bakery 0029

「ブランブレッド」には、千切りやすいように筋が入っています。サラダや「からあげクン」と一緒に買う人も少なくないそうです。「ブランパン」と同様に「ブランブレッド」も主食的ですね。

で、驚いたことに! 実は「からあげクン」も糖質が低いと伺っていたのですが、調べてみるとレギュラー5個で糖質わずか6.2gでした。なんだそれ! ちなみにカロリーは220kcalですが、揚げ物なので満足度も高いでしょうし「ブランブレッド」に「からあげクン」を挟むというのはありますね。糖質は13.5g、カロリーは439kcalに収まります。

Lawson bakery 0030

とにかく「ブランブレッド」は、モチモチしっとりしているのが印象的でした。これは水分含有量が多いからだそうで、甘い風味も感じられるし、とにかくしっとりしていて美味しかったです。4つかけくらいに分かれるので、ひとかけずつ、好きなものをつけて食べるのもオススメです。「ブランブレッド」のリピート率は40%です。

チーズ&トマトブラン 2個入

Lawson bakery 0031

パン生地にトマトピューレとチーズを練り込んで、粉チーズをトッピングしたのが「チーズ&トマトブラン」です。糖質2.5g、77kcalです。

※販売は沖縄県を除く。

Lawson bakery 0033

個人的には気にならなかったのですが、それでもどうしても「ブランパン」の香りが苦手な人はいるそうで、でも低糖質のものを食べたいという人に向けて開発された商品です。

Lawson bakery 0034

ブランの香りに負けないよう、あえてトマト味の濃いピューレを選んでいるそうです。実際に、トマトの香りが強く感じられるパンでした。

パッケージにも、今回のリニューアルで一工夫があります。他のパンと見分けがつきやすいように、小さい絵を付けるようにしたそうです。2個という個数もあり、確かに「ブランパン」に似ているカモ。でも、このイラストで間違えることは無くなりそうですね。

ブランのしっとりメロンパン(発酵バター)

Lawson bakery 0035

メロンパンというと、高カロリーな菓子パンの代表格と思っていたので、健康的なブランのパンになっているということに、まず驚きました。普通のメロンパンは糖質60gありますが、それが「ブランのしっとりメロンパン」では17.1gにまで減らさせています。凄い。

※販売は沖縄県を除く。

Lawson bakery 0036

見た目も、いわゆる普通のメロンパンですよね。しかも、前のバージョンより15mm大きくなっているそうで"食べ応え増し"になっています。それなのに、糖質17.1g、172kcalです。

Lawson bakery 0037

醗酵バターなど素材そのものの旨味と甘味があります。ほのかに優しく甘く、とても美味しいです。ダイエット中でも普通にメロンパンを食べても大丈夫です!

ほろにがショコラ&ホイップブラン

Lawson bakery 0038

どう考えても、チョコレートやホイップクリームというのは、糖質制限ダイエットと縁遠そうな食材が出てきました。平たく言うと、チョコクリームパンです。低糖質なのにチョコクリームパン!?

Lawson bakery 0039

もともと糖尿病予備軍には甘いものが好きな人が多いそうで、そういう人にも満足して貰えるように作ったのが「ほろにがショコラ&ホイップブラン」だそうです。糖質11.8g、173kcalです(エリアによって仕様が異なります)。

実は、ホイップクリームはグラムの割に糖質が低いことが多いのだとか。

Lawson bakery 0040

割ってみると、中から出てきたのはチョコレートとホイップクリーム。菓子パンすぎる。苦味あるチョコとホイップクリームで洋菓子風になっているそうで、加えて風味に隠し味でブランデーが使われています。

実際に食べてみるとホロ苦のチョコにクリームが甘く、甘いもの満足感が非常に高いと思いました。これならどうしても甘いものが食べたくなった時にも、具合が良いと思います! 聞いたところ、冷やしても美味しいそうなので、これからの季節にもピッタリですね。

ブランのトマトカレーパン(オリーブオイル付)

Lawson bakery 0041

低糖質ダイエット中でも、カレーパンを食べられるのです。心強い。どうしてもカレーパンを食べたくて仕方ない時がありますからね。糖質7.1g、175kcalです。

※販売は沖縄県を除く。

Lawson bakery 0042

「ブランのトマトカレーパン」は、焼いてあるけど"揚げ風"な仕立てになっています。表面にオリーブオイルが付いていることで、より"揚げ感"が出ているのでしょうか。

Lawson bakery 0043

中身は挽肉ベースのカレーパンです。基本は鶏挽肉のカレーですが、高野豆腐を使ってカロリーを下げるという工夫がされています。だから食べ応えがあるのですね。ダイエットしながらカレーパンが食べられるのは嬉しい!

キヌア&オレンジのブラン 2個入

Lawson bakery 0044

キアヌじゃないです。「キヌア」です。「キヌア」という食材は初めて知ったのですが、ハリウッド女優らがダイエットに使う穀物だそうで「キヌア&オレンジのブランけ」では、生地に「キヌア」を炊いたものが練り込まれているのだそうです。

※一部エリアは2014年6月16日まで販売。
※販売は沖縄県を除く。

Lawson bakery 0045

上には炊いてない「キヌア」が乗っていますが「キヌア」だけだと穀物しすぎるので、オレンジピールを入れているそうです。糖質4.9g、62kcalです(1個あたり)。

Lawson bakery 0046

ちなみに、ナチュラルローソンでは既に「キヌア」のサラダを販売しているそうで、健康を気にしている人は知っている食材なのだとか。毎日「ブランパン」だと飽きてしまうという人には、オレンジが香る「キヌア&オレンジのブラン」も組み合わせると良いでしょう。

ブランのモッチリングメープル&くるみ

Lawson bakery 0047

「ブランパン」を買ったことがない人に、試しに買ってもらうために考えられた商品が「ブランのモッチリングメープル&くるみ」だそうです。とにかく気軽に買うのに丁度良いサイズですね。糖質8.4g、156kcalです。

※一部エリアは2014年6月16日まで販売。
※販売は沖縄県を除く。

Lawson bakery 0048

気軽にトライできる導入編として用意された「ブランパン」シリーズの商品ですが、個人的には、ドーナツぽく、ちょっと小腹が空いた時やデザートぽく食べられるな、とも思いました!

Lawson bakery 0049

しっとりしている上に、カナダ産メープルシロップのしっかりとした甘さが美味しいです。しっかりした甘さでないとブランに負けてしまうため、ここはこだわりがあるそうです。

ブラン のブルーベリーヨーグルトパン (希少糖入)

Lawson bakery 0052

ここからは、2014年6月17日発売の新商品です。「ブラン のブルーベリーヨーグルトパン (希少糖入)」では希少糖が使われています。希少糖はその名の通り、希少な天然の甘味料だそうです。糖質の量がそこそこあったとしても、そのまま出ていくと言われているのだとか。糖質12.9g、145kcalです。

※販売は沖縄県を除く。

Lawson bakery 0053

ブルーベリージャムは、オリジナルで開発されたものです。ブランの相手となる食材は、そのものの味がしっかりしていないと負けてしまうため、使用する量も大手パンメーカーが使うブルーベリーの倍量が入っているそうです。生地にはベリー系の果汁が入っています。

クリームはパンを焼く前に入れているそうですが、ブルーベリージャムをあえて見せるために、焼いた後に人海戦術でジャムを穴から後乗せしているそうです。って、ローソンはまたそんな手の込んだことをしているのですね!!!

ちなみに、希少糖入りのジャムは加熱すると変色してしまったり、味が変わってしまうということもあるそうで、見映えのためだけでなく、ブルーベリージャム後乗せは味にもこだわった結果だったのですね。そんなジャムパンが、美味しくない訳ないのです。ヨーグルトで爽やかに頂けます。

アサイー&クランベリーブラン 2個入

Lawson bakery 0054

アサイーと相性のいいベリー系のものを混ぜたのが「アサイー&クランベリー」です。健康系の食材として目にすることが多くなったアサイーを使ったパンです。1個あたり糖質5.6g、92kcalです(エリアによって仕様が異なります)。

Lawson bakery 0055

アサイーはブラジル原産のヤシ科の植物で、葉っぱを食材にしているのかと思っていたら、実だったのですね。非常に栄養価の高い実で、ポリフェノールや鉄分の含有量が多いそうです。

見た目も味も、実はベーシックでこのままでも十分に美味しいのですが、伺ったところによると、クリームチーズが合うそうです。分かる! クリームチーズ、分かる! ぜひ試してみたいです。

最後に質問してみました

Lawson bakery 0060

参加したブロガーから、開発担当の村田さんにいくつか質問させて頂きました。興味深かったところをいくつかご紹介しますね。

Q. 開発していて「最初にこれは出そう」と決めたのは?

A. 基本のブランパンは外せません。次に考えたのは、メロンパンとチョコ&ホイップクリームです。

Q. 腹持ちの目安はありますか?

A. 消化速度の問題ですが、ブラン自体は消化が遅いので腹持ちがいいと思います。

Q. 主なターゲットは誰ですか?

A. 30〜40代女性で、特に健康やダイエットを気にしている人です。

糖質制限ダイエットも「ブランパン」ならできそう?

Lawson bakery 0022

もともとローソンでは米粉のパンを作っていたのですが、その米粉のパンを試作する流れで「米のブランは小麦のブランより糖質が低いよね?」という発想が「ブランパン」開発のきっかけとなったのだそうです。

加えて、お客さまからの声というのも貴重なフィードバックで「ブランパン」発売からの3年間で、900件以上の反応があり、反応があまりにも大きくて焦ったそうです。ここまでのことはベーカリー市場にはなかったことで、特に要望が多く届くそうです。

逆にいうと、何かリクエストをすれば、それが「ブランパン」に反映される可能性が非常に高いということになりますよね。ソーシャルメディアでの投稿もチェックされているそうなので、新しい味の希望とか、声を上げてみてはいかがでしょうか!?

今回の試食をさせて頂くまでは知らなかった「ブランパン」の存在なのですが、こうやってはっきりと低糖質をうたっているパンがあるのであれば、それを軸として糖質制限ダイエットもやりやすくなるだろうな、と感じました。

ぼくのような面倒くさがりの人間でも、糖質制限ダイエットのために「ブランパン+○○○」とか、極端な話「ブランパン+ブランパン」というのでも良いと思うんですよ。まずは入口のハードルが低くなり、ダイエットのとっかかりができる、というのにも「ブランパン」はお勧めできると思います。

「ブランブレッド」がモチモチしっとりで特に美味しくて食べ飽きない感じだったので、リピートしてオリジナルレシピを考案したいな、と思ったりもしています! 「からあげクン」の他にも、低糖質な食材ってあるのかな〜?

さて、結果的に10種類、それぞれ半分くらいずつの「ブランパン」シリーズを試食したのですけど、合算すると糖質は39.9g、カロリーは669kcalで、かなり満腹になるまで食べたような気がするのですけど、カロリー的には定食一食分くらいか、という驚きもありました。

ちなみに、糖質約40gというのは、ご飯1膳やうどん1玉よりも少ないくらいです。またカロリー約670kcalというのは、焼魚定食くらいのカロリーです。カロリー約670kcalというと多い気がするかもしれませんが、普段はこんなに量は食べません。試食ということで、相当、お腹いっぱい食べてこのくらいなので、通常であればかなり糖質もカロリーも抑えらるのは間違いないでしょう。

まずはランチに「ブランパン」を導入し、低糖質な生活に飛び込みます。

「ブランパン」について詳しく知りたい方は↓からどうぞ!

商品紹介|ローソン健康ラボ|ローソン

ブランのメロンパンアイスサンドなど「ブランパン」を使ったレシピが気になる方は↓からどうぞ!

レシピ|実りベーカリー|ローソン

2014 06 02 2339