Cupnoodles tom 0002

日清食品「トムヤムクンヌードル」売れ過ぎで販売を一時停止というニュースを知り、慌ててスーパーに買い物に出ていた細君に調達をお願いしたところ、売り切れていた代わりに買ってきてくれたのが「カップヌードル ミーゴレン」です。実は、この「カップヌードル ミーゴレン」も同時に新発売されていたんですよね!!

ということで早速、ランチに食べてみました。

「カップヌードル ミーゴレン」を作る!

Cupnoodles tom 0001

「インドネシア風甘辛そば」とパッケージには書かれています。「ミーゴレン」というのは、インドネシアなどで食べられている焼きそば料理のことです。

Cupnoodles tom 0003

パッケージには「ミーゴレン」は「インドネシアの国民食」と書かれています。黒大豆と椰子糖から作られる「ケチャップマニス」のコクある甘みを、チリの辛味がピリッと引き締めてくれているというので、ちょっと期待です。さらに「フライドエシャロット」の香ばしい風味まで!

作り方は、いわゆる他のカップ焼きそばと同じで、お湯を入れて待ち、湯切りしてソースなどを入れるというごくごくシンプルなもの。

Cupnoodles tom 0005

後から入れるのは「フライドエシャロット」と「液体ソース」です。

Cupnoodles tom 0004

気になるカロリーは475kcalです。

Cupnoodles tom 0006

まずは蓋を開け、熱湯を入れ閉じます。

Cupnoodles tom 0007

そして、3分待ちます!

Cupnoodles tom 0008

3分待ったら湯切りします。

Cupnoodles tom 0009

湯切りした状態です。キャベツなどのちょっとした具材も入っていますね。

Cupnoodles tom 0011

湯切りした状態の麺にソースをかけ、混ぜ、上に「フライドエシャロット」をのせてみました。

Cupnoodles tom 0010

なんか美味しそう!

チリの色なのか、例の「ケチャップマニス」の色なのか分かりませんが、ほんのりと赤いです。ピリ辛を予想させます。

「カップヌードル ミーゴレン」を食べる!

Cupnoodles tom 0012

麺はカップヌードルとも違う、平打ち麺のように感じました。やや太いような気がしますし、ペヤングなどとも違う系統の麺だと思います。

味ですが、美味い! これは好きな味です!

この味は日本のカップ焼きそばでは体験したことのない味です。

けっこうピリ辛ですので、ちょっと小さい子供には無理だと思います。激辛ではないですけどね。そのピリ辛な感じと、コクのある味わいがなんともたまりません。時折、口に入る「フライドエシャロット」の食感がいい感じです。

Cupnoodles tom 0014

ちなみに、海外現地法人による協力で開発されたそうで、より一層、本格的なエスニックな仕上がりの焼きそばになっているのは、そういう理由があるのでしょう、きっと。カップ焼きそばといえばカップ焼きそばなのですが、その中ではグンと美味いと思いました。本気を感じるというか。

ああ、これだったら「トムヤムクンヌードル」もかなり期待が持てますねぇ。早く品薄が解消しないかなぁ。

「カップヌードル ミーゴレン」もまた食べますよ! ごちそうさま!!!!