スポンサードリンク

「ザ・ファブル」実写映画で2019年公開!アキラ岡田准一・ヨウコ木村文乃

スポンサードリンク

4065116228

週刊ヤングマガジンで絶賛連載中のマンガ「ザ・ファブル」が、2019年に実写映画として公開されることが発表されました。主人公のファブル役には岡田准一‥‥なんか違わない!?

岡田准一主演で「ザ・ファブル」実写映画化!木村文乃、福士蒼汰、安田顕、佐藤浩市ら豪華共演という記事になっていました。

「週刊ヤングマガジン」で連載中の南勝久氏による人気漫画「ザ・ファブル」が実写映画化され、岡田准一が主演することがわかった。共演に木村文乃、山本美月、福士蒼汰、柳楽優弥、向井理、安田顕、佐藤浩市と豪華な面々が顔をそろえ、「今、一番面白い」と呼び声高い漫画の実写化に挑む。

スポンサードリンク

「なにわ友あれ」が完結してからの連載ということで凄く楽しみにしていて、ぐんぐん面白くなっていくのが分かってずっと「ザ・ファブル」はリアルタイムに読んでいます。

殺し屋の話なんですけど、コミカルとシリアスの間を行ったり来たりして、登場人物たちも魅力的で超面白いのです。未読の方はオススメ!

面白いんだけど「ザ・ファブル」が実写映画になるというのは意外でしたね‥‥しかも主演が岡田准一。とぼけたファブル=アキラの味は出るのでしょうか!?

さらに木村はファブルの相棒であり、大阪では「アキラの妹」という設定で暮らすヨウコ役、佐藤浩市はファブルを幼いころから殺し屋として育てたボス役に。山本はファブルが大阪で出会う女性・ミサキを演じる。

酒豪で自分に近寄ってくる男たちを酔い潰すのが趣味のアキラの妹という設定のヨウコを演じるのが木村文乃ですが、こちらはドンピシャのような気がします。

「ザ・ファブル」は現在も連載中なので、ヒットすれば続編も期待されるところでしょうか。

■関連記事

岡田准一が漫画原作映画ザ・ファブルで初の殺し屋役 - ジャニーズ : 日刊スポーツ

殺し屋の仕事をしすぎて世間離れしているため、1年間殺しを封印され、佐藤アキラという一般人として普通の生活を送る-という物語。原作は週刊ヤングマガジン連載中で、単行本累計200万部突破した人気漫画だ。

スポンサードリンク

前へ

Apple、キーボードの不具合を解消する「MacBook および MacBook Pro キーボード修理プログラム」開始

次へ

眼力の強いお兄さんが24弦ベースを弾く動画