1970年から2013年に渡り、掲載誌やタイトルを変えながら43年もの間描き続けられた藤子不二雄Ⓐ不朽の名作「まんが道」「愛…しりそめし頃…」を徹底解剖したというムック「まんが道大解剖」が発売されています。ぼくも「まんが道」は大好きな作品で、愛蔵版で揃えて今でも大事にしています。

少年・満賀道雄が人との出会いを通じて成長し、夢を実現すべく“まんが道"を歩んでいく。いまでは人気ジャンルのひとつとなった(まんが家まんが)の元祖であり、まんが史を語る上で絶対にハズせない最重要資料でもあり、いまだに多くの読者を惹きつけてやまない名作中の名作の魅力に触れてよう!!

なぜ今のタイミングで「まんが道大解剖」なのだろうと思って買おうかどうしようか迷ったのですが、Amazonカスタマーレビューの「これで1000円じゃ安すぎますよ!」に背中を押され、ポチリといきました。

未収録作品があるというのも、買ってみなきゃという気にさせられます。

●心に残る名言集
●「まんが道」グルメ
●麗しの美女図鑑
●名物編集者列伝
●「まんが道」経済白書
●「愛…しりそめし頃に…」心に残る結びの誌15選!
●担当編集者インタビュー 矢沢哲夫・留松 孝(週刊少年キング)/長崎 尚志(「ビッグコミックオリジナル増刊号」)
●トキワ荘大解剖
●トキワ荘の住人の歴史
●手塚治虫とトキワ荘
●「漫画少年」を読む
●トキワ荘を楽しむための参考図鑑ガイド
●トキワ荘最後の住人写真館