競馬場、競輪場、ボートレース場、オートレース場など、日本全国のギャンブル場の旨いものを新人アイドルが食べ歩くというマンガ「ばくばく!バクチごはん(1)」が発売されました! グルメマンガは数あれど、ギャンブル場の「バクチごはん」がテーマになっているものは初めて読みました。

新人アイドル・西の宮ひなこは変装して、ギャンブル場の激ウマグルメを食べ尽くす。競馬場、競輪場、ボートレース場、オートレース場。全国各地のギャンブル場が舞台! ……そこで賭けるのはズバリ食欲のみ!

連載は「イブニング」にて。なんでこんなに若い娘さんがあちこちのギャンブル場の飲食店とおじちゃんやおばちゃんと顔見知りなんだなんて野暮なことは言わずに、旨そう〜に「バクチごはん」を食べる様子を堪能しましょう。ギャンブルはしないけれど、ギャンブル場に行きたくなるはず!?

「オジ旅」で浦和競馬場に行ったのにも、個人的には「ばくばく!バクチごはん」の影響もあり。久しぶりに串かつとかもつ煮とか、競馬場で食べるのもいいよなぁ、と! 昼間から仲間たちとワイワイと、紙カップに入ったチューハイや生ビールを片手に、焼鳥とか唐揚げとかフライを食べるの、とっても楽しかったですよ。

パドックで馬を間近に見て、コースで疾走する馬を間近に見て、馬券をそんなに買わずとも「バクチごはん」を含めて大人のエンターテインメントとしては楽しいよなぁ、と思いました。

ばくばく!バクチごはん(1)」がユニークなのは、ただ単にギャンブル場の食べ物を紹介するだけでなく、それらを組み合わせてオリジナルの食べ方を提案するところ。それを見ると「あわわ、食べてみたい!」となるわけです。