人気漫画『バレーボーイズ』の村田ひろゆき氏、一時休載理由はがんだった 2月下旬より連載再開へという記事より。

昨年12月8日発売の『週刊ヤングマガジン』(講談社)で漫画家・村田ひろゆき氏が病気療養のため『好色哀歌 元バレーボーイズ』を一時休載すると発表していた件で、同誌1月25日発売号及び同誌の公式サイト内で「休載おわび」と題した漫画で村田氏ががんと闘病していたと公表した。

今週発売のヤングマガジンを読んで知って驚いたのですが「好色哀歌 元バレーボーイズ」の漫画家・村田ひろゆき氏が、がんだったことが公表されています。

3ページの闘病記が掲載されており、その中で大腸ポリープががんだったこと、その後の検査や手術の様子から退院までが綴られています。

手術後は痛みに耐えるために合成麻薬を投与されたが、幻覚が見え始めるようになったため痛み止めを座薬や錠剤に変えてもらったという生々しい報告もみられる。

幸いなことに、2月下旬から連載再開の予定ということです。

ここ1年くらいですかね「好色哀歌 元バレーボーイズ」では、非常に重いテーマが扱われていたのですが(それこそ、がん)もしかすると、自身の病気のこともあったのでしょうか。

好色哀歌元バレーボーイズ 12 (ヤングマガジンコミックス) (コミック)

4063618315