「ビッグコミックオリジナル」で連載中の「あぶさん」の主人公・あぶさんこと景浦安武が現役引退をしました。

南海ホークスにドラフト外で入団、ダイエーホークス、ソフトバンクホークスと選手生活を続けました。最近では物干竿を使わなかったり、年齢を感じさせる部分も多いにあったのですが、なんと62歳です。

あぶさん (1) (ビッグコミックス) (単行本)

4091800114

子どもがプロ野球選手になり、さらに孫まで。どこまでいくのかと思ったのですが、やはり寄る年波には勝てなかったのですね。

引退後も連載は続くということですが、どんな話になっていくのでしょうか。

なんと「現在までに単行本94巻、2000万部が刊行」されているそうです。

■関連記事

あぶさん“現役引退” 作品の連載は継続

小学館は「引退後のあぶさんの活動に期待してほしい」とコメント。水島さんも「あぶさんの人生はこれからです」と話しているという。

あぶさん62歳でついに“現役引退”

同号に掲載されるのは「さようなら90番」というタイトルの第873話。プロ野球福岡ソフトバンクホークスに所属する62歳のあぶさんがレギュラーシーズン最終戦に出場し、試合後、ファンに引退のあいさつをする-というストーリー。

あぶさん、ついに現役引退…5日発売「ビッグコミックオリジナル」

作品は1973年連載開始。単行本94巻、2000万部が刊行されている。水島さんも「あぶさんの人生はこれからです」と話している。

あぶさん5日発売号で現役引退…連載は継続

作品は巨人が日本シリーズ9連覇(V9)を達成した1973年に連載が始まった。以来、作中には現楽天監督の野村克也氏(74)や現ホークス会長の王貞治氏(69)ら、実在の監督や選手らが多数登場してきた。