漫画「神の雫」最高位“料理本アカデミー賞”という記事より。

ワインをテーマにし350万部以上を売り上げた漫画「神の雫」(亜樹直・作、オキモト・シュウ画、講談社)が「グルマン世界料理本大賞」の「殿堂」を受賞し1日(日本時間2日)、パリで授賞式が行われた。

週刊モーニングに連載中のワインマンガ「神の雫」が「グルマン世界料理本大賞」の「殿堂」を受賞したというニュースです。

「グルマン世界料理本大賞」がどんなものか分からなかったのですが、記事では“料理本のアカデミー賞”と紹介されています。さらに「殿堂」が最高位とも。

ということは、料理本のアカデミー賞でグランプリを獲得したってことですか!? すげー。

なぜフランスで日本のマンガが? と思ったのですが‥‥

優れたワイン12本とそのうちの最も優れた「神の雫」を主人公が探し当てるというストーリーで、単行本が20巻出ている。取り上げられた仏ワインに注文が殺到することで話題となり、仏語版も8巻が約35万部売れているという。

ということで、ワインの売れ行きがフランスに与えている影響も少なくない、ということなのかもしれませんね。

主要な仏ワイン輸入国である日本で、ワインが普遍的な視点から、しかも漫画という新しい様式で描かれた点が評価された」ということです。

作画を担当しているオキモト・シュウ氏の写真もあるのですが、えっ、女性だったんですか!?

亜樹直 - Wikipediaによれば、原作者となっている「亜樹直」は本名は樹林伸氏で、他にも安童夕馬、青樹佑夜、天樹征丸、有森丈時など、作品毎にペンネームを使い分けているそうです。元講談社の編集者です。

神の雫 20 (モーニングKC) (コミック)

4063727793

神の雫 (1) (モーニングKC (1422)) (コミック)

4063724220

神の雫 19 (モーニングKC) (コミック)

4063727599

神の雫 15 (モーニングKC) (コミック)

4063726649