原画紛失を巡って小学館を提訴していた「金色のガッシュ!!」雷句誠が、和解が成立したことを「和解成立。そして・・・」というエントリーで報告しています。

2008-11-12_0901.png

11月11日、午後3時、和解期日第2回目。「金色のガッシュ!!」漫画カラー原稿紛失に対する(株)小学館への損害賠償訴訟、和解成立。

この中で雷句誠氏は、小学館がマンガ原稿紛失に対して謝罪し、和解金255万円で和解が成立したことを明かし「素直に喜ぼうと思います」と綴っています。

しかし、悔しいことが二つあるとしています。

1. 和解条項案に以下の一文を入れられなかったこと

漫画原稿についての美術的価値に対する配慮を欠き

今回の提訴はあくまでも「雷句誠の漫画原稿」であり「漫画原稿全般に対して美術的価値がある表現」は入れられなかったということです。

さらに、和解金の内訳については約束があり、賠償金の倍率設定などは公開できないとしています。

2. 「共同提言」を成立できなかったこと

「出版社は漫画原稿を預かった場合には、その原稿の価値を尊重し、善良なる管理者としての注意義務を持って、それを管理しなければならない」といった提言ですが「一個人の漫画家が、漫画界全体の約束事を決めるのはおかしい」といった理由から無理だったということです。

残念ですが、もう、自分ができるのはここまでです。漫画家が団結してこういった事をしようとする事が、どれだけ難しい事かは想像ができます。が、やはり、自分ができるのはここまでです。

和解成立となったものの、悔しさをにじませる雷句誠氏なのでした。

金色のガッシュ!! 33 (33) (少年サンデーコミックス)

金色のガッシュ!! 33 (33) (少年サンデーコミックス)

■関連エントリー

「金色のガッシュ!!」雷句誠、原画紛失で小学館を提訴
「金色のガッシュ!!」原画紛失訴訟に10代のファンが集まる