漫画のカラー原画紛失!作者が小学館提訴…週刊サンデー「金色のガッシュ!!」という記事より。

週刊少年サンデーで長期連載され、アニメ化もされた漫画「金色のガッシュ!!」のカラー原画を紛失されたとして、作者の漫画家・雷句誠(本名・河田誠)さん(33)が6日、出版元の小学館に330万円の賠償などを求め、東京地裁に提訴した。

ブログで小学館との絶縁宣言ともとれる内容を書いていたのですが、原因はカラー原画紛失にあったようです。

またまた、皆さんの質問など。 雷句誠の今日このごろ。/ウェブリブログ

自分自身、漫画は描き続けますが、週刊少年サンデーで仕事をする事はありません。(株)小学館のお仕事を受ける事はありません。

このことに関しては「もう少し先(1週間~1ヶ月後?)の日記で書こうと思っていました」としています。

経緯は、2001〜2007年に連載した「金色のガッシュ!!」の終了後、小学館にカラー原画の返還を求めたところ5枚が紛失していることが分かったものとのこと。

小学館は賠償額として、1枚当たり原稿料の3倍の5万1000円を提示したが、雷句さん側は「漫画の原画は美術品としての価値がある」と拒否。1枚30万円と算定し、慰謝料150万円などを加えた賠償を求め提訴することにしたという。

これまでにも、原画の紛失というのは、けっこうあったのではないかと思うのですね。

その都度、こうした対応は行われていたと思うのですが、今回は作家が納得いかなかった‥‥のかな、と思ったり。

確かに、オークションに出せば1枚50,000円以上の値はつきそうなので、そういう意味では美術品としての価値もある気がします。

人気漫画著者 原稿紛失でサンデー提訴という記事では「編集者の自覚を促すために提訴した」「このままでは自分より若い漫画家が何も言えなくなる」というコメントが。

さらに陳述書には「編集者、出版社というものが漫画家をバカにしはじめた」「(担当者の実名を挙げ)誤植を注意したらガンを付けてくる」といった言葉も。

雷句誠は自身のブログの(株)小学館を提訴。 雷句誠の今日このごろ。/ウェブリブログというエントリーで、訴訟について書いています。

こういう公の文章で名前を出すという事はよっぽどの被害がでているか、名前を出さなければどうしようもない状況とお考えください。

作家と編集者、出版社との信頼関係が崩れていたことを伺わせます(掲載されている訴状を読むと、完全に崩れていたことも分かります)。

さらに、

自らの作品の客観的価値を探るため、同様の2作品をオークションに出品したところ、25万円平均であったことから1枚30万円と算定。

実際にオークションにも出品してみたのですね。

小学館は「訴状が届いていないので、現段階ではコメントできませんが、届き次第きちんと対応させていただきます」としています。多くの漫画家が注目する訴訟になりそうです。

それにしても「金色のガッシュ!!」のカラー原稿の原稿料は1ページ17,000円だったのですか。

追記:

週刊少年サンデー「最上の命医」で作画を担当している漫画家・橋口たかしが臨時ブログを立ち上げ、今回の件について反論しています。

橋口たかし 緊急 臨時ブログ|橋口たかしのブログ

訴訟目的は、紛失した原稿に対する損害賠償だとおもわれますが、当人のブログで編集者の個人名を出して、その個々の個人に対しての攻撃的な文面の中でも、噂の域を出ていないにも関わらず中傷的な文章で名誉を毀損するというのは、どう考えてもおかしいです。

個人的な怒りからブログを立ち上げた、としています。また「私の尊敬する編集者たちが名誉毀損で彼を訴えるというなら、私は証人として立つ」とも。

他にも参戦する漫画家が出てくるのでしょうか。

まあでも、大切な原画を紛失してしまうのはよくないですね。

金色のガッシュ!! 32 (32) (少年サンデーコミックス)

金色のガッシュ!! 32 (32) (少年サンデーコミックス)

金色のガッシュ!! 31 (31) (少年サンデーコミックス)

金色のガッシュ!! 31 (31) (少年サンデーコミックス)

■関連記事

「金色のガッシュ!!」原画紛失で賠償請求

提訴後、都内で会見した雷句さんは「漫画への情念がこもる大切な原画をなくされ、大変腹が立つ」と話していた。

「金色のガッシュ!!」作者が出版社提訴

「魂をこめた作品を軽々しく、ずさんに扱われ、精神的な損害も大きい」としている。