「島耕作専務」近く社長に就任という記事より。

雑誌「週刊モーニング」(講談社)に連載中の人気漫画「専務 島耕作」の主人公・島耕作が、近く社長に就任する。

「専務 島耕作」も社長が退任するなど、そろそろ終わりを迎えているのですが、いよいよ「社長 島耕作」が2008年5月下旬から新シリーズとしてスタートするようです。

連載開始から25年。ついに島耕作が課長から社長に上り詰めます。

島は、作者の弘兼憲史氏(60)と同じ1947年生まれで現在60歳の設定。70年に初芝電産に入社し、83年に宣伝課長、92年に総合宣伝部長、02年に取締役、05年に常務、06年に専務に就任。

ぼくば読みはじめたのは「課長 島耕作」が終わりの頃か、もしくは「部長 島耕作」になったあたりだと記憶しています。

部長のあとはけっこう、トントン拍子に出世してきた印象もあるのですが、どうだったでしょうかね。

「社長」の後はどうなるのでしょうか。やはり「会長 島耕作」ですかね。「顧問 島耕作」「名誉会長 島耕作」とか。

ここまできたらとことんまで描き続けて欲しいと思います。

あっ「ヤング島耕作」も忘れちゃいけません。こちらはイブニングに連載中ですよ。

専務島耕作 4 (4) (モーニングKC)

専務島耕作 4 (4) (モーニングKC)

ヤング島耕作 (4) (イブニングKC (139))

ヤング島耕作 (4) (イブニングKC (139))

常務島耕作 6 (6) (モーニングKC)

常務島耕作 6 (6) (モーニングKC)

■関連記事

人気連載漫画新シリーズ!島耕作、ついに社長就任へ!

同誌編集部によると、シリーズの主人公島耕作は、作者の弘兼氏と同じ昭和22年生まれで、係長としてデビュー。

課長から25年ついに「社長 島耕作」

既に先週発売の号で、専務を務める大手家電メーカーの経営統合に貢献した島を、新たに発足する持ち株会社の初代社長に推す動きが描かれていた。

島耕作、ついに社長就任

83年に「課長 島耕作」の連載が始まり、出世に合わせてタイトルも「部長」「常務」などと変化してきた。