2017 09 17 0951

スイスの食品大手のネスレが、アメリカのサードウェーブコーヒー「ブルーボトルコーヒー」を買収しました。「ブルーボトルコーヒー」は独立子会社として存続するということです。ネスレ、ブルーボトルコーヒーを買収 独立子会社として運営へという記事になっていました。

スイスの食品大手Nestleは9月14日(現地時間)、こだわりのコーヒーで知られる米コーヒーチェーン、Blue Bottle Coffeeの過半数株式を買収したと発表した。

「ブルーボトルコーヒー」が日本に進出したのが2015年。清澄白河に最初の店舗をオープンしたことでもかなりの話題となりました。その後も着実に日本国内の店舗を増やしています。サードウェーブというスタイル、いわゆる一杯ずつドリップするスタイルのカフェです。

Blue Bottleは2002年創業のカリフォルニア州オークランドに拠点を持つ非公開企業。ミュージシャンでコーヒーマニアのジェームス・フリーマン氏が焙煎したてのコーヒーを提供するカフェを目指して立ち上げた。

ネタフルでも次のような記事を書いています。

自宅で「ブルーボトルコーヒーごっこ」するためのアイテムを探してみたよ(ドリッパー&ビーカー)

「ブルーボトルコーヒー 六本木カフェ」開放感のある店舗がガラガラで驚いたよ

「ブルーボトルコーヒー 三軒茶屋カフェ」2017年10月末にオープン

「ブルーボトルコーヒー」オンラインショップを開設

ネスレは約4億2500万ドルで「ブルーボトルコーヒー」を買収したと推測されています。日本には6店舗あります。

「ブルーボトルコーヒー」は独立子会社として存続していくということですが、店舗展開が加速したり、ブルーボトルブランドのコーヒーをネスレが販売するようになったりするのでしょうか。