Kirin fire extreme blend 65337t 2

この記事は、reviews(レビューズ)より依頼した企画です。

缶コーヒーを飲むとき。それは外出先で。ホッとひと息つきたいときに。

この冬は、特に缶コーヒーを飲む機会が多かったように思う。缶コーヒーの種類は、なんでも良かった。温かくて、少しミルクが入っていて、少し甘さがあれば。

つまり、その味わいこそが、ぼくが缶コーヒーに求めていたものなのだろう。

家では一杯ごとにドリップしてコーヒーを飲んでいる。午前中に一杯、午後に一杯。昔は自分でコーヒーを淹れるなんていうことはなかったけれど、今では日常になった。家では少量のミルクを入れている。

外でコーヒーを飲みたくなった時は、缶コーヒーを買う。

Kirin fire extreme blend 65008

この冬、特に缶コーヒーを飲む機会が多かったのは、子供のサッカーの試合観戦が多かったからだ。クルマを1時間走らせて、北に向かう。冷たい北風が吹いて、さらに体感温度は下がる。ハーフタイム、温かいものが欲しくなる。運転して頭も身体も少し疲れているから、甘いものが良い。

自動販売機やコンビニで、なんとなくカフェオレを買う。だいたいは白い缶が多いだろうか。ミルクで和らぐ苦みと甘さ、小さな熱い缶でつかの間の暖を取る。

基本的に、家で飲むコーヒーと、外で飲む缶コーヒーは、全くの別物だと思っている。自分で淹れたコーヒーを外に持ち出すこともないし、缶コーヒーを家に持ち込むこともない。

自分でドリップしたコーヒーもぬるくなれば美味しくはないし、それは缶コーヒーとて同様だろう。それぞれのシチュエーションでこそ、それぞれのいちばん美味しい瞬間が楽しめると思っているからだ。

家で飲むなら、コーヒーを淹れた瞬間。
外で飲むなら、自動販売機から出てきた瞬間。

しかし、それほど缶コーヒーの銘柄にこだわりはなかったのだ。これまでは。

理想の味わいだった「キリン ファイア エクストリームブレンド」

仕事で記事を書いているのだからお世辞だろうと思う人も少なくないかもしれないが、実際に香ばしさを売りにした焦がし焼きの5種類の「キリン ファイア」を飲み比べるということをしてみて、自分が缶コーヒーにどんな味を求めているのかはっきとり分かったのだ。

Kirin fire extreme blend 22544

飲み比べたのは次の5種類だ。

・キリン ファイア エクストリームブレンド
・キリン ファイア 挽きたて微糖
・キリン ファイア ブラック
・キリン ファイア カフェラテ
・キリン ファイア ディープブレンド

「キリン ファイア」は"缶コーヒーの常識を変える"味覚を目指し、火にこだわって開発し続けた17年の集大成として、コーヒー豆の"焼き"の限界に挑戦して実現した「焦がし焼き豆」をブレンドし、2016年10月4日よりフルリニューアルを行っている。

これまでの自分であれば、カフェオレ以外を手にとることはなかっただろう。かといって、外ではブラックではないし、微妙な甘さもどちらかという苦手だ。まあだから、これまでもカフェオレを飲むことが多かったし、これからもカフェオレを飲んでいたはずだ。

しかし「キリン ファイア エクストリームブレンド」だ。今回のフルリニューアルのフラッグシップモデルとなっている。お世辞ではなく、美味い。そして、様々に取り揃えられたバリエーションの中で、最も好みの味だ。

缶を開けた瞬間に漂う香り、焦がし焼かれた豆の香ばしさ、微妙な甘さでもなく過剰な甘さでもない、ほどよい甘さ、ミルクも入っているが多くはない。いろいろ要素が、ぼくにとってベストだ。

そして、分かりやすいのがデザインだ。きっと、見る人が見れば缶コーヒーのデザインというのは違うのだろうが、正直なところこれまで指名買いをしたことがなく、ほとんど缶コーヒーのデザインは気にしたことがなかった。カフェオレを買うことがほとんどだから、気にしたとしても「白い缶だろう」くらい。

Kirin fire extreme blend 22612

だから、このダイヤモンドカットのデザインに銀色、シルバーの缶というのはコンビニでも探しやすいと思った。

微糖でもない、ブラックでもない、カフェオレでもない。この「キリン ファイア エクストリームブレンド」が最高である。これからは、冷えた心のエンジンに再び火をつけるのは「キリン ファイア エクストリームブレンド」だ。

>>キリン ファイア

次の飲み手は‥‥

実は今回の企画には12人のブロガーが参加している。それぞれがそれぞれのコーヒー観に従い、新しくなった「キリン ファイア」をリレーレビューしているのだ。

ネタフルへのバトンはDream Seedから渡ってきた。次は伊藤浩一のWindows Phone応援団へバトンを送る。