2017 02 06 1159

毎日ハンドドリップでコーヒーを飲む生活は続いています。コーヒー豆は加藤珈琲店から中挽きしたものを購入し続けています。それが手間という訳ではないのですが、コーヒーを飲み続けていると「挽きたてのコーヒー豆でドリップしたらどうなんだろなぁ」などと気になってくる訳です。しかも手間なく。

そんなことを考えていたら、無印良品が「豆から挽けるコーヒーメーカー」を発売することを知りました。32,000円。安くはありませんが、ミルに温度管理、蒸らしやシャワードリップなど、かなりごたわりの機能になっているようです。謳い文句は「プロのハンドドリップを再現したコーヒーメーカー」ですよ。

紹介動画をご覧ください。上質な感じです。

まあねぇ、そんなに朝からバタバタしている生活をしている訳ではないので、自分でコーヒーミルを使って、じっくりとコーヒーを淹れればいいという話ではあるのですが。でも、どんなコーヒーが淹れられるのか「豆から挽けるコーヒーメーカー」も興味ありますよねぇ。

2017 02 06 1209

2017 02 06 1209 1

2017 02 06 1210

2017 02 06 1210 1

2017 02 06 1210 2

プロフェッショナルがハンドドリップで淹れる美味しいコーヒーの実現を目指し、豆を均一に挽けるコーヒーミル、抽出温度の管理、抽出方法など、「豆から挽けるコーヒーメーカー」は、これらの大切な基本を忠実に再現した全自動コーヒーメーカーです。最大の特徴は、プロが淹れるハンドドリップのような味と香りを徹底的に再現するため、要となるコーヒーミルには、豆を一定のサイズに挽いて安定した味を引き出せるフラットカッターミル方式を採用しました。

まあ、ここまで高価ではない全自動のコーヒーメーカーというのは何種類かあるのですけどね。どこまでこだわるか、ですね。