B009GPJMOU

1日2回、朝と午後にコーヒーをドリップして飲んでいます。湯量はカップで測りますがアバウト。豆の量はコーヒースプーンにやや多めでアバウトに1杯。時間はアバウト。繰り返しているとパターン化しますが、味は‥‥多分、少しずつ違っているはずです。

そんな具合に毎日、アバウトなコーヒーを飲み続けているのですが、美味しいコーヒーの再現性を高める計測装置があるそうです。それが「HARIO V60 ドリップスケール」です。

コーヒー、なぜプロは「HARIO」で淹れるのかという記事で知りました。

この道具は、HARIOの海外ユーザーとの議論の中で、ドリップのレシピの再現性を高めたい、というリクエストにニーズを感じて、製品化したという。

ほほう、そういうのもあるのか‥‥と感じ入りました。プロのレシピ、美味しくコーヒーを淹れる人のレシピを聞くことができれば、ある程度は再現することも難しくない、ということでしょうかね。しかも、繰り返して。

まずスケールで豆を量り、中挽きでグラインドする。あらかじめペーパーフィルターをセットしてお湯を注ぎ入れ、そのお湯を捨てる。豆をセットして、右のボタンでスケールをゼロに戻し、左のボタンでタイマーをスタートさせる。

最初は装置の操作に慌ててしまいそうですが、慣れれば再現性の高いドリップコーヒーを飲めるようになりそうです。

Amazonでは32%オフの4,066円です。

ハリオ V60 ドリップスケール VST-2000B

B009GPJMOU

ネタフルではこんな記事も書いています。

自宅で「ブルーボトルコーヒーごっこ」するためのコーヒードリッパーを試す!

これがあるからいちいち自分でドリップしてコーヒーを飲めるという理由がAmazonで60%オフの2,827円

「ブルーボトルコーヒーごっこ」の記事を書いたらミル、ドリッパーなどのオススメを教えて貰いました