スポンサードリンク

【ストロングゼロ】「瞬感ライム」甘くないライムが美味い!【感想】

スポンサードリンク

ストロングゼロ「瞬感ライム」

ストロングゼロの缶チューハイ瞬感レモン」を呑んでみたところ、レモン感が強い&甘くない、結果として食事にも合ってとても美味しい‥‥ということが分かったので「ストロングゼロ 瞬感ライム」も期待して呑んでみました。

ヤバいね、このライム感は! 美味いじゃないか!

スポンサードリンク

缶チューハイは甘かった

甘いフルーツをフィーチャーしていたり、普段、あまりお酒を呑まない人をターゲットにしているからか、呑み口の良いもの=甘いものが多い缶チューハイ業界だったのですが、昨年くらいから「ドライ」とか「甘くない」といったことを謳う缶チューハイが増えてきました。

恐らく缶チューハイの裾野が広がると同時に、本格的な酒呑みたちが蜜に吸い寄せられるハチのようにストロング系缶チューハイに誘われ、いわゆるプロ酒呑みと呼ばれる人たちが増えたのだと思います。

結果として、

・食事に合う

とか、

・呑み飽きない

という理由から、ドライな缶チューハイが求められることになりました(はず)。

ただし、まだまだ昨年は「ドライ」だなんだといっても「出直して来てくれたまえ!」と言いたくなるような「なぜドライなのに甘さを捨てきれないんだ!」といったような、甘さの残るリアルあまちゃんな缶チューハイが多かったのもまた事実。

頑張れ、もう少し頑張れ。ドライにふるなら文字通り甘さは捨ててくれ‥‥と思っていたのですが、やってくれてましたよ「瞬感シリーズ」が。

甘さを捨てた瞬感シリーズ

瞬感レモン」は既にお伝えしたように、口にふくんだ瞬感に思わず「酸っぱ!」と口をついてでるような酸っぱさがあります。それでいて甘くない。これは良い意味で期待を裏切られました。

これまでの缶チューハイの常識でいくと、間違いなくほんのりと甘いだろうと思っていたからです。しかし、甘くなかった。それどころか、激しい酸味をまとった、素敵な缶チューハイでした‥‥。

となったら、同時に発売された「瞬感ライム」も呑んでないわけにはいきません。

ストロングゼロ「瞬感ライム」 01

いや〜、甘くないライムってどうなの? あるの?

ストロングゼロ「瞬感ライム」 02

こちらもレモンと同様に「瞬時に広がるライム感!」が売りとなっています。強いまるごと果実感、強い炭酸感、そして食事に合う本当かい!?

って呑んでみたら、本当だったよ〜〜〜! ウォウウォウ!

めっちゃライムだわ。甘くないし。

缶チューハイのレモンとかライムってイコール甘みがあると思っいたのですが「瞬感レモン」と「瞬感ライム」には、本当に良い意味で裏切られました。

この後、宝酒造の焼酎ハイボールのドライを続けて呑んだところ、口がすっかりライムになっていて「うわ、めっちゃドライすぎる!」ってなるくらいでした。

アルコール度数が6%というのも、ゴクゴクいける系として、食事の時にはぴったりだと思います。食事を引き立てますね。

レモン、ライム、レモン、ライム、でルーティーンしたいくらいです。本当に「瞬感レモン」「瞬感ライム」のどちらも美味しいです。

ごちそうさま!!!!!

「瞬感レモン」のカロリーと炭水化物

ストロングゼロ「瞬感ライム」 03

100mlあたりの「瞬感ライム」のカロリーは37kcal、炭水化物は0.3〜0.8gとなっています。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

前へ

【書評】“いい加減にやれ”と説く「京大家庭教師が教える やる気が続くシンプル勉強法」

次へ

ネタリスト(2019/04/08 07:00)僅か100万円で開発した「Amazon Go」型店舗 その意外な仕組み