スポンサードリンク

水のようだと噂の「サッポロチューハイ99.99(フォーナイン)」呑んでみた【感想】

スポンサードリンク

サッポロチューハイ99.99(フォーナイン)

まるで水のようだと噂の「サッポロチューハイ99.99(フォーナイン)」。99.99度のアルコール度数って!? と勘違いしている人もいるようですが、99.99は度数ではありません。純度99.99%のウォッカを使用している、という意味です。

結論からいいますと、現在のところ三本の指に入るくらいの旨さではないかな、と思います、缶チューハイとして。口に残る嫌なアルコール感がほとんどありません。さすが99.99%の純度です。本当に水のようだ。

スポンサードリンク

「サッポロチューハイ99.99(フォーナイン)」の感想

サッポロチューハイ99.99(フォーナイン)

そもそも缶チューハイで焼酎を使っているものって、ほとんどないんです。タカラ焼酎の缶チューハイはもちろん焼酎ベースですが、サントリー、キリンが出しているものの多くはウォッカベースです。

サッポロチューハイ99.99(フォーナイン)

きちんと調べたことはありませんが、恐らくは、

・原材料となる焼酎をもっていない
・海外から輸入するウォッカが安い

ということがあるんではないかと思っています。

サッポロチューハイ99.99(フォーナイン)

「サッポロチューハイ99.99(フォーナイン)」もウォッカベースの缶チューハイです。アルコール度数は9%です。

ただ、チューハイ(焼酎ハイボールの略)を謳うのであれば、やはり焼酎ベースであって欲しいよな、と思うのがチューハイファンでして。

ウォッカベースだったり、スピリッツを使用しているという缶チューハイを呑むと、どうしても口の中に気になるアルコール感が残ることもけっこうあります。

このあたりをどう処理するか、ということですし、恐らくそういうのが気になる人が少なくないからこそ「サッポロチューハイ99.99(フォーナイン)」のように、純度99.99%のチューハイが出てきたのであろうと思うわけです。

ちなみに「エタノール以外の有機物割合が0.01%未満のウォッカを純度99.99%と当社として規定」ということで、ほぼエタノールって話です。これは焼酎ハイボールで使われる甲類焼酎にも近くなっているような気がしますが?

ここまでくるとただの酒飲み話と言いますか、味のないドライなチューハイの方が、変に甘味料などで甘くなっていたり、ウォッカの味が強く残っていたりするより遥かに美味しく感じられるんですね。コーラより水が美味いときってあるじゃないですか。あの感じ。

そういうことなどから考えると、本当に「サッポロチューハイ99.99(フォーナイン)」は雑味なく、純粋に缶チューハイとして楽しめる逸品として仕上がっていると感じました。

ただ、ややレモンを感じるのですよ。クリアレモンもあるので、どうせならクリアドライは完全にレモン感は排除してほしかったな、と、一つだけ言わせていただくならそういう感想です。クリアドライも相当、美味しいんで、あえて言うなら、という感じですが。

サッポロチューハイ99.99(フォーナイン)

ほとんど水みたいな酒なのに、100mlあたりのカロリーは54kcalです。ほとんど水みたいなのに‥‥解せない‥‥ほとんど水みたいなのに‥‥。

味がしない上にアルコール度数も9%で、ほぼ完璧に仕上がった缶チューハイだと思いました「サッポロチューハイ99.99(フォーナイン)」は!

ごちそうさま!!!!!

追記:

売れているようです! 詳細はコチラから。

スポンサードリンク

前へ

「ローストビーフ油そば ビースト」油そばに分厚いローストビーフがどっさり【新宿】

次へ

【Kindleセール】200円均一「お料理本フェア」(9/13まで)