Asahi chuhai 9017

広義の缶チューハイというと、ウォッカなどのスピリッツを使ったものも含んで考えると思いますが、やはり狭義の缶チューハイといったら焼酎ハイボールであって欲しい派です。

ストロングゼロ ビターレモン」のようにスピリッツベースでも美味しい缶チューハイがある一方で、焼酎ベースの缶チューハイはそれはそれでやっぱり美味しいものでして、コンビニやスーパーで「焼酎ハイボール」という文字を見かけるとついつい‥‥買ってしまったのが、今回はアサヒ「辛口焼酎ハイボール」です。

最初に書いておこう、いいぞ、このチューハイ!!!

Asahi chuhai 9018

アルコールは最近のマックス定番9%で、個人的には500mlなら2本がリミットのやつです。今回、購入したのは350mlですが。

Asahi chuhai 9019

原材料は焼酎。焼酎。焼酎!!!

味は完全に店で呑むような焼酎ハイボールとなっています。いや、むしろ強炭酸ですし、適当に作られてしまっている店よりも遥かに美味しいかも? この安定感は缶チューハイの素晴らしさですね。

写真を撮り忘れてしまったのですが、レモンの入っていないクリアドライなバージョンもあります。限りなく純な炭酸水と焼酎の入った炭酸水との間という感じで、これも非常に美味しかったです。

スーパーでの価格は120円くらいだったので、ぜひともコンビニでも発売して欲しい逸品です(見かけたことありません)。

やはり焼酎ベースの焼酎ハイボールは美味いぜ〜〜〜!!!

アサヒビールが過去に宝酒造とコラボしているらしい記事を見かけたので焼酎は宝酒造のものかと思いきや、ペットボトル焼酎の「大五郎」がアサヒビールだということなので、これはきっと大五郎に近い血筋の焼酎を使った焼酎ハイボールなのではないかと推察されます。甲類焼酎、最高!

そういえば「SHOCHU LAB(焼酎ラボ)」のイベントに参加させて頂いたことを思い出しました。あれも10年前ですかぁ。

焼酎使用かつリーズナブルな缶チューハイが呑みたい人には「TAKARA焼酎ハイボール」シリーズもオススメです。