Strong zero bitter 7641

お酒を呑むときは、甘くないものを好みます。ハイボールとか、チューハイもレモンやプレーンとか。その方が食事にも合うと思うんですよね。お酒を呑むスタイルにもよりけりですが、ぼくは大衆酒場で味の濃いものを食べることが多いこともありまして。

で、日常のコンビニやスーパーでお酒を買う時ですが、これまでは甘くない代表格として角ハイボールやトリスハイボールを買うことが多かったですね。でも、これからは変化が訪れそうなんです。それは「ストロングゼロ」の「甘くない」シリーズを知ってしまったから! これ、本当に甘くないんですよ! 最高かよ!

信頼のおける酒好きの友人から「ストロングゼロ ビターレモン」が美味いという情報を得ました。よく呑んでいる、と。そう言われたら気になります。気になりますが、あちこち立ち寄ったコンビニで見つけられません。しかし、そこにあったのが「ストロングゼロ ビターオレンジ」です。

Strong zero bitter orange 7464

「甘くない」といっても、少しはやっぱり甘いんじゃないの? と思いながら呑んだら、本当に甘くない! ほんのりオレンジの味がしますが、この感じだったら食事にも合います。

気になる、ますます気になる「ストロングゼロ ビターレモン」が‥‥と思って探すのですが、なかなか出会えません‥‥そんな中で今度は出会ったのが「ストロングゼロ ビターシトラス」です。

Strong zero bitter 7578

こちらは柚子&すだちの期間限定商品です。どうしてどうして、これも甘くなくかなりすっきりしていて美味いではありませんか! いいなぁ、ビターシリーズ!

と思っていたところで、よーうやーく「ストロングゼロ ビターレモン」に巡り会えました!

Strong zero bitter 7634

甘くないシリーズの最高峰。普段、大衆酒場で呑み慣れているような、甘くないアレですよ、これは。オレンジやシトラスはある意味では飛び道具的なところもあり、日常生活で常飲するなら、やはりレモンということになりましょう。

缶チューハイはそもそもノーマークだったのですが、まさか「ストロングゼロ」から「甘くない」なんていうシリーズが出ていたとはねぇ。恐らく、甘くない酒ニーズというのは、けっこうあるんだと思いますね。

Strong zero bitter 7635

一点だけ、注意があります。それは呑みすぎ注意です。いずれもアルコール度数は9%なので、500mlを2本キメるとかなり酔いも回ってきます。ある意味ではコストパフォーマンス最高とも言えますがね!

ということで「甘くない酒」好きのみなさん、ストロングゼロの「甘くない」シリーズは覚えておくと良いと思いますよ!