スポンサードリンク

アジカン、子連れでライブ参加の場合は「イヤーマフを用意して」と呼びかけ

スポンサードリンク

アジアンカンフージェネレーションのGotchが、バンドを代表して子連れでライブ参加する親に「イヤーマフを用意して」と呼びかけをしています。「アジカンからのお願い」としてブログが公開されています。

今後、俺たちは次のツアーから、イヤーマフ(子ども用の防音ヘッドフォン)の貸し出しを始めようと思います。けれども、それは忘れた人や、そもそもそうした器具の存在を知らなかった人たち用だと考えてください。また、子どもたちの耳を守る必要性を知ってもらうためにも貸し出しを行います。

スポンサードリンク

「バンドとしては、子どもたちのコンサートへの参加は基本的にウェルカム」だとしつつ「スピーカーから出る音の音量を考えると、はっきりと子どもたちの耳には良くないことも事実」としています。

しかし「子育て世代に仕事や育児の隙間でどうにか作った時間を楽しんでもらえる場でありたい、という思いが」あり、今後はイヤーマフの貸し出しをして啓蒙すると同時に「子どもと一緒にライブに来る人は、ライブハウスやホールといった会場を問わず、必ずイヤーマフ(例えばコレなど)や耳栓(イヤープロテクターで検索すると音楽用のヤツがみつかる)を自分たちで用意してください」と綴っています。

今後は「児童のイヤーマフの着用を入場時のチェック事項に盛り込むつもり」ともしています。

昨年、日産のフェスティバルに参加した際にも、売店で子供用のイヤーマフを販売しているのを見かけましたし、爆音が轟くようなところでは子供がイヤーマフをしている姿を見かけました。

Amazonなどでも購入できますし、決して高価なものでもないので、親の責任としてイヤーマフを用意すべきというのは賛成です。

スポンサードリンク

前へ

【ツルゴール】脱水状態になっていないか2秒で調べる方法

次へ

「OCN モバイル ONE」MUSICカウントフリーを正式提供へ