スポンサードリンク

「18歳成人」が成立 〜2022年4月施行

スポンサードリンク

B00L22YMMM

成人年齢が20歳から18歳に引き下げられる改正民法が賛成多数が可決しました。2022年4月1日に施行されます。「18歳成人」改正民法が成立…22年4月施行という記事になっています。

成人年齢を20歳から18歳に引き下げる改正民法は13日午前の参院本会議で、与党などの賛成多数により可決、成立した。2022年4月1日に施行される。

スポンサードリンク

大きなルールの変更なので、成人年齢が20歳から18歳になって何が変わるのかは確認しておいた方が良いでしょう。

なお、成人年齢の見直しは1876年の「太政官布告」で満20歳とされて以来の約140年ぶりとのことです。

10年間有効のパスポートを18歳から取得できるようにする旅券法改正や、性同一性障害の人が家庭裁判所に性別変更を申し立てられる年齢を18歳以上とする性同一性障害特例法改正などが含まれている。

飲酒、喫煙、公営ギャンブルは引き続き20歳以上が対象となります。

18歳から親の同意なくローン契約を結んだり、クレジットカードを作ったりできるようになる一方、親の同意のない法律行為を取り消せる「未成年者取消権」は18歳から行使できなくなる。

18歳、高校3年生で成人式をすることになるわけですよね。実感がわかないというか、不思議な感じがしますね。

2022年に19歳はどうなるのでしょうか。

■関連記事

「18歳成人」改正民法が成立…22年4月施行(読売新聞) - Yahoo!ニュース

民法改正に伴い、年齢ではなく「成年」「未成年」で区別を定めた約130の法律は、自動的に区別の基準が「18歳」になる。

スポンサードリンク

前へ

「東京酒BAL 塩梅」2,800円で日本酒が時間無制限飲み放題!料理も旨い!【神楽坂】

次へ

「クレヨンしんちゃん」野原しんのすけ役に小林由美子