自転車3人乗り7月解禁へという記事より。

幼児2人を自転車の前後に乗せる「3人乗り」について、警察庁の検討委員会(座長・小川武史青山学院大教授)は9日、安全性が確保された自転車に限って認めるべきだとした上で、具体的な構造上の安全基準を示した報告書をまとめた。

小さな子供が二人いたりすると、自転車の前と後ろに乗せて3人乗りしている姿をよく見かけますが、7月にも正式に解禁される見込みだそうです。

3人乗りは、警察庁が禁止を徹底しようとしたことに若い母親らが「非現実的だ」と反発、条件付き解禁に方針転換を決めていた。

幼稚園・保育園の送り迎えに買い物、確かに徹底的に禁止されてしまうとお母さんたちにとってはとても不便です。

報告書は「複数の幼児を持つ保護者にとって自転車は日常生活に欠かせない交通手段で(3人乗り禁止の)ルールはあってもほとんど守られていない状態だ」と指摘。その上で「深刻な少子化、経済問題を考慮すれば、子育て支援の観点からも解決方法を検討することが必要だ」とした。

そこで、3人乗り用の自転車が開発されたらしいのですが、それをテレビで見た細君が「あんなに大きい自転車、どこに停めるんだろう」とつぶやいていました。

確かに後輪が二つあったりすると安全面では良いと思いますが、普通に買い物に行った時に、スペース的に駐輪場に停められないということがありそうです。

次は駐輪場など、スーパー、デパートなどでの対応が必要になってくるかもしれませんね。