わが子の笑顔は麻薬と同じ?=母親の脳活動を測定−米大学という記事より。

初めて赤ちゃんを産んだ母親がわが子の笑顔を見たときには、麻薬を服用した際と似たような脳の領域が活発に働き、自然に高揚した状態になるとの実験結果を、米ベイラー医科大の研究チームが13日までに米小児科学会誌の電子版に発表した。

うー、これは分かる気がする。

父親より母親の方が、高揚する状態が強いのかもしれませんが、父親だってやはり、子供の笑顔を見るとなんとも言えない気分になるものですよ。

だから、自分の子供を虐待するなんて、信じられないのですけどね‥‥。

最近は、JINANが少し話せるようになってきて意思疎通(自己主張)が激しくなってきたので、あの笑顔を思い出すとなんともいえない気分になって、早く家に帰りたくなります。

母親の子への愛情を脳科学で分析すれば、育児放棄や虐待の背景にあるかもしれない病理の解明に役立つと期待される。

なるほど。ぜひとも研究に役立てて欲しいものです。

赤ちゃん語がわかる魔法の育児書 (カリスマ・シッターがあなたに贈る本)

赤ちゃん語がわかる魔法の育児書 (カリスマ・シッターがあなたに贈る本)